リージョン・オブ・オナー美術館(Legion of Honor)

マーカーはリージョン・オブ・オナー美術館です。

リージョン・オブ・オナー美術館(Legion of Honor (museum))
[クロード・モネピエール=オーギュスト・ルノワールなど、ヨーロッパの印象派の作品を中心に多くの名画が鑑賞できます。ゆったりくつろげるカフェも人気があります。  (「芸術と文化 – 博物館・美術館 – カリフォルニア観光局」より)]

[ゴールデンゲートブリッジ太平洋を望む絶好のロケーションに総工費3400万ドルをかけて完成した美術館。全米でも指折りのヨーロピアンアートの殿堂として、紀元前2500年から20世紀にまたがる絵画や彫刻など約8万5000点以上の所蔵を誇る。コレクションは1380年代のアンジェ (Angers)タペストリーや、パリのドゥシエール・ホテルの18世紀のインテリアなどが有名。また古代ギリシャ古代ローマ古代エジプトの美術作品も所蔵する。コレクションの収集にはスプレクルー家、アーチャー・B・ハンティントン夫妻、H・K・S・ウィリアム夫妻の3家族が大きくかかわっている。館内は大きく6つに分かれ、自然光が差し込む造りになっているのが特徴だ。  (「地球の歩き方 – サンフランシスコ プレシディオとリッチモンド」より)]

[入って左側のインフォメーションで『CITY PASS』を提示し、チケットと交換してもらいます。まずは地下1Fの特別展へ。特別展は残念ながら撮影禁止だったのですが、古いポスターや広告などの展示もあり、さすがパリ。この美術館、外観ではそこまで広そうに見えないものの、たくさんの展示室があって見所満載。時期や曜日にもよると思いますが、特別展以外はかなりゆったりと見ることができます。エントランス前にも銅像「考える人」があったように、こちらはロダン作品収集に熱心なようで、オーギュスト・ロダン部屋があるのです!地下1階にはカフェがあります。  (「31 The Legion of Honor」より)]

リージョン・オブ・オナー美術館ホームページ

カリフォルニア・リージョン・オブ・オーナー美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がリージョン・オブ・オナー美術館(Legion of Honor)です。

リージョン・オブ・オナー美術館(Legion of Honor)エントランス前広場のカメラです。

リージョン・オブ・オナー美術館(Legion of Honor)内のカメラです。

リージョン・オブ・オナー美術館(Legion of Honor)内のストリートビューです。

ヨーロッパ絵画ルーム2室のストリートビューです。

ヨーロッパ絵画ルーム12室のストリートビューです。

13室 – The Dead Soldier (1789) by Joseph Wright of Derby.

14室 – レンブラント・ファン・レイン作『Joris de Caullery』(1632年)

14室 – ピーテル・パウル・ルーベンス作『The Tribute Money』(1612年)

17室 – The Broken Pitcher (1891) by William-Adolphe Bouguereau.

19室 – クロード・モネ作『睡蓮』(1914年-1917年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*