日本町

マーカーは日本町です。

日本町
[日本人観光客や日系人たちが日本語の通じるコミュニティを形成しているのが、パシフィック・ハイツの南側に位置するジャパン・タウン。ここの中心は五重塔で知られるジャパン・センターを中心に日本人向けのお店やレストランが並ぶエリア。チャイナ・タウンと比較してしまうとその規模はとても小さくこじんまりしたイメージ。 (「サンフランシスコ観光情報」より)]

[Japantown(日本町, Little Osaka, J town)サンフランシスコの Western Addition にある6平方ブロックの地域。日本や韓国中華のレストラン、スーパーマーケット、ショッピングモール、ホテル、銀行、紀伊國屋書店の支店など多数の店がある。Post Street が大通りで、中心には1968年開設の Japan Center(3つの日系ショッピングセンターと Peace Pagoda がある)がある。パゴダ大阪の人々によって寄贈された。
カリフォルニア州北部最大の日本町で、第二次世界大戦前からある日本町。日本の真珠湾攻撃後、アメリカ政府日系アメリカ人強制収容所に収容した(日系人の強制収容)。その後軍需産業を探しに来たアフリカ系アメリカ人が居住した。戦後一部の日本人は戻り地域の再復興を行った、1960年代から1980年代の大規模な再開発の時期に、多くのアフリカ系アメリカ人は今日の居住地、西部 Filmore District、東部 Tenderloin、南部 Hunters Point に移動した。同時に多くの日系アメリカ人は戻り、新日本移民の移住、日本政府、企業による投資が行われた。  (wikipedia・サンフランシスコより)]
 
日本町の和菓子職人の存続
[サンフランシスコ、ジャパンタウンには1906年創業の「勉強堂」という和菓子店がある。 創業者はSueichi Okamuraという日本人。 その後、第2次世界大戦中、日本人移民は収容キャンプ暮らしを強いられたため、店は一時的に閉店。 大戦後、再び店を始め、1959年には現在の場所のBuchanan通りに、移転。その後、のれんは1代目兄弟のHirofumi、1代目の息子Rickyへと受け継がれ、現在はRicky(49)と Hirofumiの息子B0bby(47)2代目世代が守っている。(2001年2月)  (「2/8 日本町の和菓子職人の存続」より)]

[日本人移民で庭師の萩原真 (Makoto Hagiwara)はこの庭園(ジャパニーズ・ティー・ガーデン)を訪れた客に、言葉を記した紙を入れた煎餅を提供して好評を博した。この煎餅は、サンフランシスコの和菓子店・勉強堂が焼いたものであった。今日「フォーチュン・クッキー」として知られる煎餅の形状や発想は、日本の辻占煎餅に遡ることができる。
萩原真の子孫たちは、日本の煎餅をアメリカに紹介し、「フォーチュン・クッキー」(wikipedia-photo)として広めた功績を萩原真に帰している。この見方に従えば、この庭園は北米におけるフォーチュン・クッキーの「発祥の地」ということになる。  (wikipedia・ジャパニーズ・ティー・ガーデンより)]

日本町平和広場 – Google Map 画像リンク」「Peace Pagoda – Google Map 画像リンク」「Northern California Cherry Blossom Festival – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向が日本町です。カメラ南西方向角の勉強堂は1906年創業の和菓子屋です。
Benkyodo Co – Google Map 画像リンク

日本町平和広場のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*