クラウンの噴水(ミレニアム・パーク)

マーカーはクラウンの噴水です。

クラウンの噴水(Crown Fountain)
[クラウン ファウンテンは、ミレニアム・パークの南西、ミシガン通りとモンロー通りが交わった場所にあります。 この噴水はスペインの有名な彫刻家ジャウミ・プレンザによるもので、50フィート(15.24m)の高さに及ぶグラスのタワーが2つ建ち並び、それぞれのタワーには浅いプールが設けられています。 このタワーには大きな顔のイメージが映され、そのイメージの変動により、タワーの上から水が流れ落ちる仕組みになっています。 この噴水は見るだけではなく触ることもでき、シカゴの子供たちには大変な人気で、わざわざ水着を持ってきてこの噴水と遊びます。 また、この噴水は世界の芸術界で反響を呼び、ミレニアムパークの名声をあげました。 (「ミレニアムパーク-US新聞ドットコム」より)]

[AT&Tプラザの南には、スペインの芸術家、ジャウメ・プレンサによるクラウンファウンテンがあります。ごく浅いプールの両側に15mのガラスの塔が2本立ち、その姿がプールに反射されます。 そのガラスブロックの奥にあるLEDスクリーンがさまざまな社会階層のシカゴ市民の顔を映し出します。噴水で伝統的に使われるガーゴイルに独創的なひねりを加えて、ガラスの壁の噴水口が、映し出された顔の口から水を噴き出しているように見えます。  (「シカゴのミレニアムパーク | 観光パンフレット | ディスカバーアメリカ」より)]

クラウン噴水 – Google Map 画像リンク

ミレニアム・パークの鳥瞰カメラです。

クラウンの噴水のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*