コートランド・ストリート・ドローブリッジ

マーカーはコートランド・ストリート・ドローブリッジです。

コートランド・ストリート・ドローブリッジ(Cortland Street Drawbridge)
[コートランド・ストリート・ドローブリッジ(もともとClybournプレイス跳ね橋として知られている)は、ジョン・エリクソン(John Ericson)とエドワード・ウィルマン(Edward Wilmann)によって設計された、シカゴ川に架かるオリジナルのシカゴスタイルの固定トラニオン式跳開橋である。 橋は、1902年にシカゴのノース・サイドに、オープンしたとき、橋はアメリカ合衆国に建てられた最初の固定トラニオン式跳開橋でした。ブリッジは、アメリカの可動橋工学の大きな進歩であり、型はシカゴだけでも50以上の追加のブリッジを採用しました。現在の橋の状態は、機械はそのままですが、跳開橋として、もはや開くことができない。橋は現在も、2ウェイ自動車交通、歩行者、自転車交通に使用されます。橋は1981年にASCE土木工学のランドマーク、1991年にシカゴのランドマークに指定されています。
「コートランド・ストリート・ドローブリッジ」・wikipedia-photo]

Clybourn Place Bridge – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がコートランド・ストリート・ドローブリッジです。

カメラ西方向がコートランド・ストリート・ドローブリッジです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*