シアーズ・タワー

マーカーはシアーズ・タワーです。

シアーズ・タワー(ウィリス・タワー)
[ウィリス・タワー(英語:Willis Tower)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ(北緯41度52分44秒西経87度38分9秒)にある、世界第4位の、またアメリカで最も高い超高層ビルである。2009年7月より、旧称シアーズ・タワー(英語:Sears Tower)から改称。屋根部分の高さ442m(アンテナ含:527m)、110階建ての威容は、1973年の完成当時は世界一の高さを誇った。2009年7月現在では、台湾台北101などに高さを抜かれ、世界第4位となっている(ただし、台北101は屋根部分449m・尖塔含む509mであるため、アンテナを含めるとウィリス・タワーが約18m高い)。設計は著名な建築設計事務所であるスキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル(SOM)。鉄骨構造で外壁は黒のアルミ枠にブロンズガラスで構成されたカーテンウォールとなっている。高さが違う9本の四角柱を3×3に組み合わせたような形状をしている。103階には展望室「スカイデッキ・シカゴ」(Skydeck Chicago)があり、エレベーターに乗れば、1分足らずで360度の大パノラマを楽しむことができる。2009年7月より、103階展望室の西側外面に、床を含めて全面ガラス張りの展望台「ザ・レッジ」(The Ledge)が設置、公開されている。1973年~2009年。wiki>シアーズはかつては世界最大の百貨店であり、その本社ビルとして建設されたシアーズ・タワーは同社の繁栄の象徴であった。後に同社は事業拡大の失敗等により経営不振に陥り、1994年にシアーズ・タワーは売却された。シアーズの命名権自体は2003年に消滅していたが、その後もビルの名称は変更されず残され、シカゴダウンタウンのランドマークの名称として地元民・観光客に親しまれていた。
「シアーズ・タワーの入口」・wikipedia-photo、「ミシガン湖から望む日没時のウィリス・タワー」・wikipedia-photo、「シカゴ中華街から望むウィリス・タワー」・wikipedia-photo、「Wacker Drive(南西方向)から望むシアーズ・タワー」・wikipedia-photo、「ジョン・ハンコック・センター展望室から望むシアーズ・タワー」・wikipedia-photo、「スカイデッキ(シアーズ・タワー展望室)から北東方向の眺望」・wikipedia-photo、「シカゴ川から望むシアーズ・タワー」・wikipedia-photo、スカイデッキから西方向の眺望・wikipedia-photo、「主要な超高層ビルの比較:左からブルジュ・ハリファ、ウィリス・タワー、台北101、ペトロナスツインタワーエンパイアステートビルディング」・wikipedia-photo  (wikipedia・ウィリス・タワーより)]

ウィリス・タワー – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がシアーズ・タワーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*