シカゴ文化センター

マーカーはシカゴ文化センターです。

シカゴ文化センターChicago Cultural Center)
[シカゴ文化センターは、1897年にシカゴ都市の図書館として設けられ、世代を通じて多くの人々が利用した建物です。 設計はシカゴ美術館を手がけたボストンの設計事務所Shepley, Rutan & Coolidgeにより行われ、その材質の豪華さ、装飾の繊細さ、室内構成の美しさは一世紀以上立った現在でも驚くほどで、大理石、真鍮、モザイク、ステインド・グラスは世界一流のものばかりです。 20世紀に入り、シカゴの著しい発展と人口の増加により図書館の需要は拡大し、図書館はステイト通りに移動することになり、その後この建物は改修され、カルチャーセンターと命名され、1991年にアメリカ最初の無料の文化センターとして再び門を開きました。改修されたこの建物には数々の展示場やコンサートホールが設けられ、コミュニティーの文化交流、教育の向上、そして芸術の場として活用されています。入館は無料です。(「シカゴ・カルチャー・センター-US新聞ドットコム」より)
1972年7月31日アメリカ合衆国国家歴史登録財に指定され、1976年11月15日シカゴのランドマークに指定された。
シカゴ文化センター・wikipedia-photo、「シカゴ文化センター・ドームのステンドグラス」・wikipedia-photo、「グランド階段から見たプレストンブラッドリー・ホール(Preston Bradley Hall)のティファニードーム(Tiffany dome)」・wikipedia-photo]

シカゴ文化センター – Google Map 画像リンク」「Tiffany Dome – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がシカゴ文化センターです。

シカゴ文化センターロビーのカメラです。

グランド階段のカメラです。

プレストンブラッドリー・ホール(Preston Bradley Hall)のティファニードーム(Tiffany dome)のカメラです。

シカゴ文化センター・ドームのステンドグラスのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*