ジョン・ハンコック・センター

マーカーはジョン・ハンコック・センターです。

ジョン・ハンコック・センター
[ジョン・ハンコック・センター(John Hancock Center)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ市にある超高層ビルである。世界的に有名な建築設計会社、スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリルの構造技術者、ファズラー・カーン(Fazlur Khan、1929年ダッカ生まれのバングラデシュ系アメリカ人)により設計された。シカゴでもウィリス・タワー(旧シアーズ・タワー)と並ぶ、代表的な高層建築物となっている。100階建ての超高層ビルは1969年に完成した。
ビルの95階にはシカゴでも有数の高級レストラン「The Signature Room on the 95th Floor」があり、客はミシガン湖を眺めながらの食事ができる。94階には一般向け展望フロアがある。ハンコックセンターからの眺めやその展望施設は、都心の反対側の金融街にあるウィリス・タワーと双璧をなす。展望フロアにはシカゴ市に関する展示や各方向に見えるものを解説した地図などがあり、展望フロアの一部は金網で保護された屋外になっており観客は地上314mの風を感じることができる。44階にあるスカイロビーには、アメリカで一番高い階にある屋内プールがある。ジョン・ハンコック・センターは、縦横やX字型の分厚いフレームがむき出しになった独特の外観が特徴である。これは建物を支える構造体を隠さずそのままデザインとして外に出す構造表現主義建築の一例であり、外観を見ればこの超高層ビルの重さを支えるチューブ構造や鋼鉄フレームの存在を感じることができる。
「ジョン・ハンコック・センター」・wikipedia-photo、ビル外観の特徴的なフレーム・wikipedia-photo、ビル展望台から見たミシガン湖・wikipedia-photo  (wikipedia・ジョン・ハンコック・センターより]

ジョン・ハンコック・センター – Google Map 画像リンク

東南東方向がジョン・ハンコック・センターで、カメラ西北西方向が900・ノース・ミシガンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*