プレイリー・アベニュー(歴史地区)

マーカーはカメラ位置です。

プレイリー・アベニュー(Prairie Avenue・歴史地区)
[シカゴの創始者ジャン・バティスト・ポワン・デュー・サーブル(Jean Baptiste Pointe du Sable)は、シカゴ川流域に永住地を建設した最初の非先住民であり、1780年代にシカゴ川河口の北岸に農場を開いた。1808年にはその対岸、現在のミシガン・アベニュー橋の位置に、ディアボーン砦が建設される。(wikipedia・シカゴ川より)
[プレイリー・アベニューにはシカゴの歴史がつまっています。 1812年敵対する先住民がヨーロッパ人入植者の一団を攻撃した、言わゆるディアボーン砦の大虐殺の地です。 1871年のシカゴ大火後、アーマー(Armour)、フィールド(Field)、キンブル(Kimball)、プルマン(Pullman)家があるこの地区は市内で最もおしゃれな場所として認識されるようになりました。 20世紀半ばに多くの屋敷が取り壊されましたが、今尚残っている建物がこの通りの昔の面影を映し出しています。 クラークハウス(Clarke House)グレスナーハウス(Glessner House)がこの地区の名所です。]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*