チェイピン&ゴア・ビル

マーカーはチェイピン&ゴア・ビルです。

チェイピン&ゴア・ビル(Chapin and Gore Building)
[イースト・アダムズ·ストリート63にあるチェイピン&ゴア・ビルは、チャピンとゴアの委託により、ストリートレベルの小売店とバーを併設した倉庫と事務所スペースを結合した酒蒸留会社として建設された。20世紀初頭の最も進歩的な建築事務所の一つである、建築家ヒュー・MG・ガーデンとリチャード・シュミット(Hugh MG Garden and Richard Schmidt )の設計で1904年に建設され、1979年6月27日アメリカ合衆国国家歴史登録財に指定され、1982年1月21日シカゴのランドマークに指定された。チェイピン&ゴア・ビルは現在、シカゴ交響楽団の管理となり、1997年にオーケストラホールが設置され、シンフォニーセンターキャンパスの一部となっている。地上階では、レストラン・ラプソディ(Rhapsody)が、オーケストラの後援者や一般の人々にサービスを提供している。
「チェイピン&ゴア・ビル」・wikipedia-photo]

Chapin and Gore Building – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がチェイピン&ゴア・ビルで、カメラ西方向の高架上がアダムス/ワバッシュ(CTA)駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*