リンカーン・パーク動物園

マーカーはリンカーン・パーク動物園(Café Brauer)です。

リンカーン・パーク動物園(Lincoln Park Zoo)
[ リンカーンパーク動物園は、シカゴダウンタウンの直ぐ北、ミシガン湖沿いにあり、シカゴでは最もヒップな場所にあります。この動物園は創立1868年、アメリカ中南部では最も古い動物園ですが、何度か改善し最先端を行く展示物も取り入れ、昔の動物園にある暗いイメージはどこにもありません。シカゴの人達にとって、ここは絶対のアトラクションで、毎年の入園者の数は300万人にのぼり、親密でくつろげる園内は、子供や大人の誰もが楽しみながら学べる環境です。この動物園のなによりの特色は、入園料が無料ということです。実際にこのような規模の動物園や博物館で、入園無料という方針を持つのは、シカゴではリンカン・パーク動物園だけになってしまいました。園内で昔から親しまれている場所といえば、2004年に改善されたグレート・エイプ・ハウスでしょう。この動物園のゴリラやチンパンジーはひとなつっこく、訪れた家族達と交流することで有名です。またアフリカン・ジャニー展は、象、キリン、サイなどの大きな動物達がいる所で、ここでの人気の的は小人カバだそうです。(「リンカーンパーク動物園-US新聞ドットコム 」より)]

[リンカーン・パークが有名なのは、年中無休で無料のリンカーン・パーク動物園(Lincoln Park Zoo)によるところが最も大きい。動物園には、子供のために2つのセクションが設けられており、その一つのプリッツァー・チルドレン・ズー(Pritzker Family Children’s Zoo)には子供が遊べる屋内施設がある。もう一つはジョン・ディーア(John Deere)提供の農場エリア(Farm-in-the-Zoo)であり、豚や牛、馬などの農場にいる動物が飼育されている。子供は動物に餌やりをしたり触れたりできるほか、乳搾りの様子を見学することもできる。(wikipedia・リンカーン・パークより)
「リンカーン・パーク動物園の入り口」・wikipedia-photo、熊のピット(1897-1901)・wikipedia-photo、ネイチャーウォーク(Nature Boardwalk)・wikipedia-photo]

リンカーン公園動物園 – Google Map 画像リンク」「サウス池 – Google Map 画像リンク」「Cafe Brauer – Google Map 画像リンク

リンカーン・パーク動物園西ゲートのストリートビューです。

リンカーン・パーク動物園東ゲートのストリートビューです。

サウス・ポンド前のストリートビューで、カメラ西南西方向がCafé Brauerです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*