至聖三者大聖堂

マーカーは至聖三者大聖堂です

至聖三者大聖堂
[シカゴの至聖三者大聖堂( Holy Trinity Cathedral, Chicago)は、アメリカ正教会中西部主教区の、至聖三者を記憶する大聖堂である。20世紀で最も影響力のあった建築家の一人ルイス・サリヴァンが手がけた数少い教会堂のうちの一つ。1903年に聖別され、1976年3月16日にアメリカ合衆国国家歴史登録財 、1979年にシカゴの歴史的建造物に指定 された。1895年に新教会堂の計画が発案され、ロシア聖務会院の資金で建設事業が実施された 。ロシア皇帝ニコライ2世が私財(当時の4000ドル)を提供したほか 、ロシアに投資を行っていたアメリカ合衆国の発明家・実業家サイラス・マコーミック (Cyrus McCormick) や 、シカゴ万国博覧会_(1893年)で正教会の礼拝堂を知ったシカゴ市民からも寄進が寄せられた 。
シカゴの至聖三者大聖堂・wikipedia-photo  (wikipedia・至聖三者大聖堂_(シカゴ)より)]

ホリー・トリニティ・オーサドックス大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が至聖三者大聖堂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*