カール・シュルツ公園

マーカーはE 87th St広場です。

カール・シュルツ
[プロイセン王国ラインラント州のリブラール(現在のノルトライン=ヴェストファーレン州エルフトシュタットの一部)で、教師の息子として生まれた。ケルンイエズス会中等学校で学び、ボン大学に入った。ここでゴットフリート・キンケル、続いて1人の教授およびヨハネス・フォン・レンゲと知り合ったことで革命家になった。
シュルツはボンの民族主義的なブルシェンシャフト学生結社連合の一員となった。キンケルが『ボンナー・ツァイトゥング』紙を編集するのを手伝う傍らで1848年革命では活発に行動したが、ラシュタットが陥落するとチューリッヒに逃れた。1850年、密かにドイツに戻り、シュパンダウの監獄からキンケルを救い出し、キンケルがスコットランドに逃げるのを助けた。シュルツはパリに行ったが、1851年12月のクーデターの前夜に警察によってフランスから強制退去させられた。1852年8月まではロンドンに留まりドイツ語を教えて生活していた。シュルツは1852年7月にレンゲの義理の妹と結婚し、アメリカへ移住してしばらくフィラデルフィアに居住した。
1856年、ヨーロッパで1年間を過ごした後に、ウィスコンシン州ウォータータウンに転居し、すぐにウィスコンシン州の共和党でも傑出した存在になった。1859年4月18日にボストンのファニエル・ホールで「真のアメリカ主義」について演説を行い、外国人の立場で「移民排斥主義」に対して共和党の姿勢を明確にすることが意図された。1860年の共和党全国大会で、シュルツはウィスコンシン州代議員の代弁者となり、大統領候補として初めはウィリアム・スワードに投票した。指名投票は3回目までもつれ、最終的にはリンカーンの指名を宣言することになった。
1861年、リンカーンは、スワードの反対はあったものの、シュルツのヨーロッパでの革命家としての経験を買い、駐スペイン大使に任命した。シュルツはスペインがアメリカ南部を支持しないよう密かに説得して成功し、1862年1月にはアメリカに戻った。大使の職を辞した後は、4月に北軍志願兵の准将に任命され、1963年3月14日には志願兵の少将に昇進した。チャンセラーズヴィルの戦いに参戦し南軍ストーンウォール・ジャクソン将軍に惨めな敗北を喫した。シュルツはゲティスバーグの戦いにも加わって再び惨めな敗北を喫したが、第三次チャタヌーガの戦いでは勝利をおさめた。終戦の1か月前にウィリアム・シャーマン将軍の軍隊と共にノースカロライナ州で戦った。戦争が終わるとすぐに除隊した。
1869年から1875年にかけて、シュルツはミズーリ州選出アメリカ合衆国上院議員を務め、1876年、シュルツは大統領選に出馬したラザフォード・ヘイズを支持し、勝利した後は内務長官に指名された。
シュルツは1881年に政界を引退し、ニューヨーク市に転居した。1881年の夏から1883年の秋にかけて、『ニューヨーク・イブニングポスト』紙の編集長と共同経営者の一人となった。1884年、共和党の大統領候補ジェイムズ・G・ブレインの指名に反対する独立した運動の指導者となり、結果的にグロバー・クリーブランドの選出に貢献した。
1906年5月14日にニューヨーク市で死去し、スリーピーホロー墓地に埋葬された。  (wikipedia・カール・シュルツより)]

カール・シュルツ公園 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がカール・シュルツ公園です。

カール・シュルツ公園E 87th St広場のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*