クイーンズ・ボロ橋

マーカーはクイーンズ・ボロ橋です。

クイーンズ・ボロ橋
[クイーンズボロ橋(英語: Queensboro Bridge)は、1909年に完成した、ニューヨーク市イースト川に架かる片持ち梁橋である。正式名称はエド・コッチ・クイーンズボロ橋(Ed Koch Queensboro Bridge)。橋のマンハッタン側が59丁目と60丁目の間に位置するため、59丁目橋(59th Street Bridge) とも呼ばれている。
橋は、クイーンズ区のロングアイランド・シティ地区から、ルーズベルト島を通ってマンハッタンと結んでいる。橋はニューヨーク州道25号線となっており、州道であるのは橋の西から4つ目のスパンまでである(ニューヨーク州道25号線は、橋が西端となっており、以前はNY 24とNY 25Aが走っていた)。橋の北側には、横に独立したルーズベルト島トラムウェイが走っている。2008年の日平均交通量は176,306台。
2010年12月、市は、橋がクイーンズボロ橋から、前市長エド・コッチに敬意を示して、エド・コッチ・クイーンズボロ橋に改名することを発表した。改名の決定は、クイーンズの住民や財界人には喜ばれず、多くの地元住民が古い名称を使って橋を呼んでいる。
歴史
マンハッタンにロングアイランド・シティを繋ぐ橋の重要な計画は、1838年から始まり、1867年には、民間企業による投資が初めて試みられた。この努力は結実することはなく、この会社は1890年代に破産した。成功した計画は、市の新しい橋部のもと、1903年から始まり、ウィリアムズバーグ橋を設計したレファート・L・ブックとヘンリー・ホルンボステルが協力して、1902年に橋委員会の新しい地位に就いたグスタヴ・リンデンタールが指揮した。
建設はすぐに開始されたが、暴風の中、労働不足により不完全だったスパンが崩壊(ダイナマイトで爆破することが試みられた)し、橋が完成するまでには1909年までかかった。橋が一般に開業したのは、1909年3月30日であり、約1800万$と50人のコストがかかった。セレモニーが行われたグランド・オープンは、1909年6月12日に行われた。橋は、初期のルーズベルト・アイランドという名称より、ブラックウィルズ・アイランド橋として知られていた。1930年から1955年にかけて、現在はルーズベルト島として知られるウェルフェア島に、自動車や歩行者を輸送する乗り物エレベーターがあった。これは、1970年に取り壊された。
クイーンズボロ橋は、ダブル片持ち梁橋で、ルーズベルト島の両側の海峡を越える、2つの片持ち梁スパンを持っている。橋はスパンをつり下げてはおらず、各側からの片持ち梁は、スパンの中間点まで達する。下記は、5つのスパンと出入り口の長さを示している。
●マンハッタンへのルーズベルト島スパン(片持ち梁):360m
●ルーズベルト島スパン:190m
●ルーズベルト島へのクイーンズ・スパン(片持ち梁):300m
●サイド・スパン:143 – 140m
●出入り口全体:1,135m
●出入り口を含む全体:2,270m
1917年、ケベック橋ができるまで、マンハッタンとルーズベルト島の間にあったスパンは、北アメリカで最長の片持ち梁スパンであった。
橋は、2層になっている。最初は、上層は歩行者を収容して、2本の高架鉄道の線路(クイーンズボロ・プラザ高架駅への2番街高架線と接続した)があり、下層は4車線の自動車道、現在の「アウター・ロードウェイ」、歩行者用のトロリーレーン2車線があった。トロリーは橋の途中で停車し、クイーンズとマンハッタンの乗客を繋いでおり、ルーズベルト島へエレベーターまたは階段で下りることができた。橋で運営されたトロリーは、1957年4月7日まで運行していた。鉄道は、2番街高架線と同様に、1930年代後半から1940年代前半にかけて撤去された。トロリー・レーンと橋の中間駅(階段)も、1950年代に撤去され、橋の自動車用の車線の11車線となった。
料金は、自動車が橋を通過する場合には、課されていない。
現在
橋は数年間、老朽化していたが、1987年からエド・コッチ・クイーンズボロ橋の修復が始まり、3億$以上のコストをかけて、未だ進行中である。
橋の上層には、自動車用の4車線があり、橋の片持ち梁トラス構造やニューヨークのスカイラインの素晴らしい眺めを見ることができる。下層には、自動車用の4車線を含む乗り物用の5車線と南側の自動車用のアウター・レーンがある。北側アウター・ロードウェイは、2000年9月に永久の歩行者/自転車道として変換された。
橋へのマンハッタン入口は、現在は、橋の下のフード・エンポリウム・ブリッジ・マーケット及びレストラン・グアスタビーノスの上品な天井となっているグアスタビーノ・タイルで支えられている。もとは、このオープンエアの散歩道はブリッジマーケットとして知られており、ホルンボステルの橋を市に快く受け入れてもらうための試みの1つでもあった。
2009年3月、ニューヨーク市橋百年委員会は、橋の開通から百周年を記念したイベントのスポンサーとなった。橋は、この百周年の年に、米国土木学会によって、歴史的国家土木建造物に指定された。
エド・コッチ・クイーンズボロ橋は、ニューヨークシティマラソンの最初のマンハッタン入り地点、及び5区自転車ツアーのマンハッタンの出口地点となっている。
クイーンズボロ橋2012年・wikipedia-photo、1908年頃の橋・wikipedia-photo、クイーンズ橋をマンハッタンからクイーンズへ見る・wikipedia-photo、建造中の橋の上層1907年頃・wikipedia-photo、100周年・wikipedia-photo、ブリッジマーケット・wikipedia-photo、ルーズベルト島から見た夜の橋・wikipedia-photo  (wikipedia・クイーンズ・ボロ橋より)]

クイーンズ・ボロ橋 (Queensboro Bridge)

クイーンズボロ橋 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向上がクイーンズ・ボロ橋です。

カメラ北東方向上がクイーンズ・ボロ橋です。

カメラ南方向がブリッジマーケットです。

橋の下層・自動車用のカメラで、 下層には5車線あり、内部の4車線は自動車専用で、南側の外側の車線も自動車用で、クイーンズに向かう交通専用である。 北側の外側の道路は2000年9月に永久に歩行者用且つ自転車用に転換された。

橋の上層・自動車用の4車線のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*