クリントン砦国定記念館(Castle Clinton)

マーカーはクリントン砦国定記念館(Castle Clinton)です。

クリントン砦国定記念館(Castle Clinton)
[クリントン砦国定記念館は1808年に建設が始まり、1811年にウエスト・バッテリーに完成しました。ジョン・マッコム・ジュニアとジョナサン・ウィリアムスの設計。米英戦争におけるイギリス軍側の砦が由来。フェリー待ちの観光客で混雑することが多いです。  (「ニューヨーク観光情報:観光名所・ランドマーク」より)]

[キャッスル・クリントン (Castle Clinton) またはフォート・クリントン (Fort Clinton) は、ニューヨーク市マンハッタン島の南端にあるバッテリー・パークに現在は位置している砂岩の砦である。かつてはキャッスル・ガーデン (Castle Garden) とも呼ばれていた。ここはアメリカで最初の移民局として重要な役割を果たしていた時期もあった。エリス島に移民局ができる以前のアメリカへの移民局として、1855年から1890年の間にアメリカに到着した800万人以上の人々がこの場所から入国した。その他にも、ビアガーデン、展示場、劇場、水族館、そして今日ではアメリカ合衆国ナショナル・モニュメントとして機能してきている。
現在、クリントン城は約400年前のニューアムステルダムの時代にフォート・アムステルダムが建っていた場所からおよそ2ブロック西に建っている。
クリントン城の建設は1808年に始まり1811年に完成した。この要塞はウエスト・バッテリー (West Battery) と呼ばれ、時にサウス・ウエスト・バッテリー (South-west Battery) とも呼ばれるた。建築家のJohn McComb Jr.Jonathan Williamsによって設計され、バッテリーパークが埋め立てられていなかった当時はマンハッタン島南岸の少し沖に作られた人工島であった。
ウエスト・バッテリーはイースト・バッテリー (East Battery) と呼ばれたガバナーズ島 (Governors Island) のウィリアムス城 (Castle Williams) の機能を補完することが目的であった。建設されたのは緊張が高まっていた米英戦争の直前であり、イギリス軍の侵攻に備えて築かれたが、実際にこの砦が戦争活動に利用されることはなかった。この後、バッテリー・パークの埋め立て拡張が行われ、この砦はマンハッタン島の本島に組み入れられた。
アメリカ合衆国国立公園局管轄下の他のすべての歴史地区と同様に、この砦はキャッスル・クリントン・ナショナル・モニュメントとして1966年10月15日にアメリカ合衆国国家歴史登録財に登録された。
クリントン城が使用された水族館(1923年以前に撮影)・wikipedia-photo  (wikipedai・キャッスル・クリントンより)]

キャッスル・クリントン – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がクリントン砦国定記念館(Castle Clinton)です。

クリントン砦国定記念館(Castle Clinton)内のカメラで、カメラ西南西方向に自由の女神とエリス島クルーズのチケット売り場があります。

自由クリントン砦国定記念館(Castle Clinton)西側・自由の女神とエリス島クルーズのセキュリティチェックゲート前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*