グラント将軍の墓(Grant’s Tomb)

マーカーはグラント将軍の墓(Grant’s Tomb)です。

グラント将軍の墓(Grant’s Tomb)
[南北戦争時の北軍の司令官で、後に18代大統領となったグラント将軍の墓です。彼の死後市民の寄付によって1897年に建立されました。古代トルコの王の墓を復元し内装はパリのナポレオン廟(オテル・デ・ザンヴァリッド)を参考にしたもの。南北戦争の壁画や展示室などが見物です。  (「ニューヨーク観光情報:観光名所・ランドマーク」より)]

ユリシーズ・グラント
[ユリシーズ・S・グラント(英: Ulysses S. Grant、1822年4月27日 – 1885年7月23日)は、アメリカ合衆国の軍人、政治家。南北戦争北軍の将軍および第18代アメリカ合衆国大統領。アメリカ史上初の陸軍士官出身の大統領。南北戦争で戦った将軍の中では南軍ロバート・E・リー将軍と並んで(またそのリー将軍を最終的に破ったことで)最も有名な将軍の一人である。
軍人としては成功したが、大統領在任中の「クレディ・モビリエ事件」を始めとする多くのスキャンダルおよび汚職により、歴史家からアメリカ最悪の大統領のうちの一人と考えられている。北アメリカで最大の廟、ニューヨーク市のグラント墓地に、妻と共に埋葬されている。  (wikipedia・ユリシーズ・グラントより)]

ゼネラル・グラント・ナショナル・メモリアル – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がグラント将軍の墓(Grant’s Tomb)です。

地上ギャラりのカメラです。

地上ギャラリーから見るグラント将軍の墓

グラント将軍の墓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*