グランド・ゼロ

マーカーは9.11メモリアル博物館です。

グランド・ゼロ
[グラウンド・ゼロ(ground zero)とは、英語で「爆心地」を意味する語。強大な爆弾、特に核兵器である原子爆弾水素爆弾の爆心地を指す例が多い。広島長崎への原爆投下爆心地や、ネバダ砂漠での世界初の核兵器実験場跡地、また核保有国で行われた地上核実験での爆心地を「グラウンド・ゼロ」と呼ぶのが一般的であった。しかし、アメリカ同時多発テロ事件の報道の過程で、テロの標的となったワールドトレードセンター_(ニューヨーク)(WTC)が倒壊した跡地が、広島の原爆爆心地(原爆ドーム、正確には原爆ドーム近隣の島病院付近)を連想させるとして、WTCの跡地を「グラウンド・ゼロ」とアメリカのマスコミで呼ばれ、これが定着した。  (wikipedia・グランド・ゼロより)]

[ユナイテッド航空175便テロ事件 (United Airlines Flight 175) とは、2001年9月11日にアメリカ合衆国で起きたアメリカ同時多発テロ事件で、ハイジャックされたユナイテッド航空175便がワールドトレードセンター_(ニューヨーク)南棟に突入した事件である。被害に遭った旅客機は、ユナイテッド航空が所有するボーイング767-222(機体記号N612UA, 1983年製造)で、当日はUA175便として運用されていた。UA175便は離陸後、アルカーイダのメンバーとされるテロリスト5人によってハイジャックされ、犯人らの意図的な操縦によりワールドトレードセンター南棟に突入、大破炎上した。日本ではUA175便を指し、「衝突した2機目の飛行機」という表現が多用される。衝突から約1時間後、ワールドトレードセンター南棟は崩壊。死者数はUA175便と南棟だけで約700人となった。  (wikipedia・ユナイテッド航空175便テロ事件より)]

国立9月11日記念館と博物館 – Google Map 画像リンク」「9 / 11 メモリアル・ノース・プール – Google Map 画像リンク」「World Trade Center Memorial Foundation – Google Map 画像リンク」「9/11 トリビュート ミュージアム – Google Map 画像リンク」「World Trade Center – Google Map 画像リンク

9.11メモリアル博物館
[ナショナル・セプテンバー11メモリアル&ミュージアム(National September 11 Memorial & Museum、日本語: 国立9月11日記念館と博物館)は、アメリカ同時多発テロ事件の公式追悼施設として2011年に開業した国営の施設。別名9/11メモリアル・ミュージアム。施設はニューヨークのグラウンド・ゼロにある。
同時多発テロから10年となる2011年9月11日に第一期となるメモリアルが開業し、2014年5月にはミュージアムが完成。同時多発テロ事件に関するさまざまな資料が展示されているほか、メモリアルにはテロ事件犠牲者の全員の名前が記載されている。  (wikipedia・ナショナル・セプテンバー11メモリアル&ミュージアムより)]

カメラ位置はノース・プール北角で、カメラ南方向が9.11メモリアル博物館です。

カメラ位置はサウス・プール北角で、カメラ北東方向に9.11メモリアル博物館があります。

9.11メモリアル博物館入口前のカメラです。

9.11メモリアル博物館エントランスのストリートビューです。

9.11メモリアル博物館二階ロビーのストリートビューです。

9.11メモリアル博物館内のカメラで、カメラ方向の鉄骨は、最後の柱 – Last Column -は、廃墟に最後まで残っていたため、「最後の柱」と呼ばれ、 ミュージアムの展示物として元の場所に展示されています。911の後、世界貿易センター跡の復旧にあたった人々の思いが書き込まれています。

メモリアルホールにある青い壁には古代ローマの詩人ウェルギリウスの言葉が書かれています。“No Day Shall Erase You From Memory”~ いかなる日も、あなたを時の記憶から消し去ることはない ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*