サウス・ストリート・シーポート

マーカーはサウス・ストリート・シーポートです。

サウス・ストリート・シーポート
[サウス・ストリート・シーポート (South Street Seaport) は、ニューヨーク市マンハッタン区のかつて港だった歴史地区である。イースト川に面する波止場や倉庫街を改装したショッピングモールが集まるエリアで、波止場には古い帆船などが展示されている。
ファイナンシャル・ディストリクトに隣接し、フルトン・ストリート (Fulton Street) がイースト川に行き当たる場所にある。このシーポートはファイナンシャル・ディストリクトとは別にニューヨーク市歴史建造物 (List of New York City Designated Landmarks in Manhattan below 14th Street) に指定されている。このエリアにはダウンタウンで最も古い建築のうちのいくつかが見られ、19世紀初頭に改修された商業用の建物が集中している。他にも改修された帆船やかつてのフルトン魚市場、また近代的なショッピングモールも建てられ、ショッピングや食事、ブルックリン橋の景色、そして夜景も楽しむことができる。このシーポートの入り口(フルトン・ストリート)にはタイタニック・メモリアル灯台 (Titanic Memorial) がある。
1950年代後半まで、古いWard Line社の埠頭(ピア15, 16と17の一部)はほとんど空きスペースとなっていた。1967年にサウス・ストリート・シーポート博物館がPeterとNorma Stanfordによって設立された。博物館としてオープンした当初、この博物館の主な目的は教育的な歴史地区にすることであり、出店する店は1820年から1860年頃のこの港の全盛期の働く様子を再現するというスタイルを取っていた。
1998年に連邦議会指定の”アメリカ国立海事博物館”の一つとなったとき、サウス・ストリート・シーポート博物館はニューヨーク市のかつての港の跡地、12 スクエアの区画を占める歴史地区であった。この博物館は30,000平方フィート (2,800 m²)以上の展示スペースと教育施設を持ち、展示ギャラリー、19世紀の印刷店、考古学博物館、海事図書館、船舶センター、海洋生物保存ラボ、そしてアメリカでも私有のものとして最大の歴史的船舶団を保有していた。
ほぼ全ての建物とシーポート地区全体は、観光客に19世紀中頃のニューヨークの海上貿易に関する景観や生活を体験させることを目的にしていた。現在このシーポートに停泊している歴史的帆船は、Flying P-Liner、Pekingそして博物館船などである。フルトン・ストリート近くの一角は石畳やショップバーそしてレストランが保存されている。
ブリッジ・カフェ (Bridge Cafewikipedia-photo) は、”ニューヨーク市に現存する最古の飲酒施設”であると主張しており、以前売春宿が入っていた建物で現在も営業している。
サウス・ストリートとブルックリン・ブリッジ(1900年頃)・wikipedia-photo、19世紀初頭のシャーマーホーン・ロウの商業建築群・wikipedia-photo、ピア17・wikipedia-photo、Beekman Streetの正面角・wikipedia-photo、「フルトン・マーケット」・wikipedia-photo、1911年に建造されたPeking・wikipedia-photo、帆船Wavertreewikipedia-photo、「タイタニック・メモリアル灯台」・wikipedia-photo、イースト川からの眺め・wikipedia-photo  (wikipedia・サウス・ストリート・シーポートより)]

サウス・ストリート・シーポート – Google Map 画像リンク」「ピア 16 – Google Map 画像リンク」「サークルライン サイトシーイング – Google Map 画像リンク」「ピア 17 – Google Map 画像リンク

高速道路からサウス・ストリート・シーポートを望む。デッキ左がPier17、右に1885年建造、貨物船、現存する最古の錬鉄製船舶・帆船Wavertreeで、中央に灯台船のAmbroseがあります。

ピア 17屋上から見たピア 16、手前に灯台船のAmbrose、その向こうが錬鉄製船舶・帆船Wavertreeです。

カメラ位置はサウス・ストリート・シーポートで、カメラ方向左が帆船Wavertreeで、カメラ北方向に灯台船のがあります。

サウス・ストリート・シーポート先端のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*