シティ・フィールド

マーカーはシティ・フィールドです。

シティ・フィールド
[シティ・フィールド(Citi Field)はニューヨーククイーンズ区にある野球場。MLBニューヨーク・メッツのホーム球場である。フラッシング・メドウズ・コロナ・パークの北端に位置している。2009年完成。
シティ・フィールドは、ニューヨークが開催都市に立候補していた2012年の夏季五輪の会場の一部として建設が予定されていたが、ニューヨークが落選したため、用途を老朽化したシェイ・スタジアムの代替に変更、シェイ・スタジアムに隣接する駐車場に建設された。
アメリカ金融大手のシティグループが20年、総額4億ドル(1年あたり2000万ドル)で命名権を取得し、シティ・フィールドと名付けられた。
球場の外観は、かつてニューヨークにあったブルックリン・ドジャース(現ロサンゼルス・ドジャース)の本拠地球場エベッツ・フィールドを模したデザインとなっている。
2009年4月13日、ニューヨーク・メッツ対サンディエゴ・パドレス戦で初のMLB公式戦開催。かつてメッツでプレーしたトム・シーバーマイク・ピアッツァが始球式を行った。パドレスの先頭打者ジョディ・ゲルートがメッツの先発エドワード・ムヒカが最初の勝利投手となった。
2009年オフ、サンディエゴ・パドレスがブルペンの位置に対して不満を訴えていたため、ブルペン部分を改装。また、ホームランを増やすため、16フィート(4.9メートル)から8フィート(2.4メートル)に改装した。
メッツの選手がホームランを打つとシェイ・スタジアム同様にホームラン・アップル(英語版)が出現する。球場の入り口にはシェイ・スタジアム時代に使用されていたホームランアップルが飾られている。
「シティ・フィールド」・wikipedia-photo  (wikipedia・シティ・フィールドより)]

『母と娘のニューヨーク旅行記 ~シティ・フィールド~』ニューヨーク

シティ・フィールド – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がシティ・フィールドです。

カメラ初期設定方向がシティ・フィールドです。

エントランスホールのカメラです。

カメラ位置はシティ・フィールド、バックネット裏観客席です。

一塁側スタンドからのカメラです。

一塁側スタンドからのカメラです。

三塁側スタンドからのカメラです。

レフトスタンドからのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*