セント・ポール教会

マーカーはセント・ポール教会です。

セント・ポール教会
[セント・ポール教会(St. Paul’s Chapel)はニューヨークロウアー・マンハッタンのフルトン通り(Fulton Street)とヴィージー通り(Vesey Street)の間のブロードウェイ209にある米国聖公会のチャペルである。マンハッタン最古の教会建築である。
トリニティ教会教区の礼拝堂であるセント・ポール教会は、アン女王により与えられた土地に建てられ、建築家トーマス・マクビーンが設計し、名工アンドリュー・ゴーティアーが建てた。1766年に完成した当時は、マンハッタン島の南から拡大していく港湾都市部の少し北に離れた位置にあった。
内側は教会の質素で優雅な廊下は色が薄く、平らな天井や当時の内装を偲ばせるカットグラスのシャンデリアがある。トリニティ教会の荘厳な内装と比べて、この廊下や広大な桟敷は、参列者を励ますために居心地よく快適な特質を備えて造られていた。
ブロードウェイ側の教会の外装は、アメリカの原始様式に彫刻された教会の名前の由来であるパウロの木の彫像になっている。東の窓の下は、アメリカ独立戦争(1775年 – 1783年)の1775年のケベックの戦いで死んだリチャード・モントゴメリー准将の記念碑になっている。尖塔にある最初の鐘には「Mears London, Fecit [Made] 1797」と刻まれている。1866年に作られた第二の鐘は、教会の100周年を記念して加えられた。
この建物はニューヨーク市で継続して使われてきた最古の公共建築であることが理由の一つとして、1960年にアメリカ合衆国国定歴史建造物に認定された。教会はトリニティ教会などのニューヨーク市の4分の1が(当時はマンハッタンに限られていた)アメリカ独立戦争のロングアイランドの戦い(1776年8月)の後に市が英軍に占領された後に焼き尽くされた1776年9月21日のニューヨーク大火[Great Fire of New York (1776)]を生き残った。
ジョージ・ワシントンアメリカ合衆国議会の議員と共に1789年4月30日にアメリカ合衆国大統領就任式フェデラル・ホールで行った後に、セント・ポール教会で礼拝を行った。ワシントンはニューヨークが首都だった2年間にもまた、セント・ポール教会の式典に参加していた。ワシントンの信徒席の上は、18世紀のアメリカ合衆国の国章の油絵であり、1782年に採用された。
教会には初期のニューヨークにおいて高められた彫像技術の証明となる記念碑が数点ある。ジャン・ジャック・カフィエリ(Jean-Jacques Caffieri)(1777年)が彫刻したリチャード・モントゴメリー(ケベックの戦いの英雄)の記念碑やジョージ・ワシントンの元々の信徒席、ワシントンD.C.の意匠家ピエール・シャルル・ランファンが設計した「聖なるもの」と呼ばれるネオ・バロック(Baroque Revival architecture)彫刻がそうである。講壇宝冠や6つの羽根飾りで飾られ、14個の建築以来のカットグラスシャンデリアは、身廊や桟敷に吊るされている。
セント・ポール教会の後は、チャーチ・ストリートになっていて、反対側はワールドトレードセンターの東側になっている。ワールドトレードセンターのツインタワーの倒壊に発展した2001年9月11日(アメリカ同時多発テロ事件)の攻撃後にセント・ポール教会はWTCの復興作業員の為の休憩所や避難所として活用された。
「セント・ポール教会」・wikipedia-photo、「セント・ポール教会の内部」・wikipedia-photo、「セント・ポール教会(1937年)」・wikipedia-photo、「フルトン・ストリートから見た建物」・wikipedia-photo、「9月11日のアメリカ同時多発テロ事件の後は、この礼拝堂は臨時の追悼礼拝施設となった。」・wikipedia-photo、「チャペル内に展示されている”心と精神の癒し (Healing Hearts and Minds) “は、世界中から送られた警察や消防の布片、赤いチャジブル(司祭の上着)、そして頂上にはBritish Bobbyのヘルメットが飾られた作品である。」・wikipedia-photo、2006年9月11日の異教徒間交流サービス・wikipedia-photo  (wikipedia・セント・ポール教会より)]

セント・ポール教会 – Google Map 画像リンク」「Bell of Hope – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がセント・ポール教会です。

セント・ポール教会身廊のカメラです。

セント・ポール教会墓地庭園側のカメラで、反転すると希望の鐘(Bell of Hope)があります。

セント・ポール教会墓地庭園のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*