ソロモン・R・グッゲンハイム美術館

マーカーはソロモン・R・グッゲンハイム美術館です。

[グーグル・アート・プロジェクトは、グーグル社のストリートビュー技術をそのまま美術館内部にまで持ち込み隅々まで撮影し、web上で公開しています。]

ソロモン・R・グッゲンハイム美術館(英語:Solomon R. Guggenheim Museum)
[ソロモン・R・グッゲンハイム美術館(通称:グッゲンハイム、グッゲンハイム美術館)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市にある、近現代美術専門の美術館、ソロモン・R・グッゲンハイム財団が運営するグッゲンハイム美術館の一つ。アメリカの鉱山王・ソロモン・R・グッゲンハイム(1861年 – 1949年)のコレクションを収蔵したこの美術館は1937年に財団として設立され、2年後の1939年、ニューヨークのマンハッタン東54丁目24番地に開館した。5番街の現在地へ移ったのは、1949年のことである。以後、ニューヨーク近代美術館とともに現代美術の発展普及に大きな役割を果たしてきた。現在の美術館は1943年にフランク・ロイド・ライトに建築設計が委託され、ライトは翌年には建築設計案を作成したが、工事に取り掛かるまでには紆余曲折があり、創立者のグッゲンハイムは没年の1949年になってようやくライトの設計案を承認した。それから建物の竣工までにはさらに10年間の歳月を要した。完工したのは1959年、ライトの死後半年後のことであった。「かたつむりの殻」とよく形容される螺旋状の構造をもったこの建築物は、中央部が巨大な吹き抜けになっている。見学者は、まずエレベーターで建物の最上部に上がり、螺旋状の通路の壁面に掛けられた作品を見ながら順路を進むうちに自然に階下へ降りるようになっている。美術館施設の概念を根本から覆した作品として、ライトの代表作に数えられている一方で、建築自体の自己主張が大きすぎ、床が傾斜しているため鑑賞者が落ち着かず、美術品の鑑賞をさまたげるという批判もある。
グッゲンハイム美術館・wikipedia-photo、中央部の吹き抜け・wikipedia-photo、「フランツ・マルク『黄色い牛(Yellow Cow)』(1911年)」・wikipedia-photo、「アメデオ・モディリアーニ黄色いセーターのジャンヌ・エビュテルヌ』(1918 – 1919年)」・wikipedia-photoエルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー『The soldier bath or Artillerymen』(1915年)・wikipedia-photo、モディリアーニ『Nude (Nu)』(1917年)・wikipedia-photoテオ・ファン・ドゥースブルフ『Composition XI』(1918年)・wikipedia-photoパウル・クレー『Red Balloon (Roter Ballon)』(1922年)・wikipedia-photo  (wikipedia・ソロモン・R・グッゲンハイム美術館より)]

グッゲンハイム美術館 見どころ有名作品大紹介 NY世界遺産の …」「ソロモン R グッゲンハイム美術館の見所&主要作品【便利な …」「ソロモン・R・グッゲンハイム美術館(ニューヨーク州 …」「グッゲンハイム美術館の行き方・入場料・見どころ完全ガイド …

ソロモン・R・グッゲンハイム美術館ホームページ

ソロモン・R・グッゲンハイム美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がソロモン・R・グッゲンハイム美術館です。

ソロモン・R・グッゲンハイム美術館エントランスホールのストリートビューです。

パブロ・ピカソ 『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』(1900年)(https://www.guggenheim.org/artwork/3411)

エドゥアール・マネPortrait of Countess Albazzi 』(1880年)

ポール・ゴーギャン『村の男と馬』(1891年)(https://www.guggenheim.org/artwork/1413)

パブロ・ピカソ『黄色い髪の女(Woman with Yellow Hair)』(1931年)(https://www.guggenheim.org/artwork/3445)

左・ゴーギャン作『Haere Mai(Come here)』(1891年)(commons.wikimedia)、右・フィンセント・ファン・ゴッホ『サン=レミの山々と暗色の家』(1889年7月)(wikipedia-photo)

カテゴリ:ソロモン・R・グッゲンハイム美術館のヴィンセント・ヴァン・ゴッホの絵画
[1889年5月8日、ファン・ゴッホは、サル牧師に伴われ、アルルから20キロ余り北東にあるサン=レミのサン=ポール=ド=モーゾール修道院(Monastère Saint-Paul-de-Mausole)療養所に入所した。ファン・ゴッホは、療養所の一室を画室として使う許可を得て、療養所の庭でイチハツの群生やアイリスを描いた。また、病室の鉄格子の窓の下の麦畑や、アルピーユ山脈の山裾の斜面を描いた。6月に入ると、病室の外に出てオリーブ畑や糸杉を描くようになった。同じ6月、アルピーユの山並みの上に輝く星々と三日月に、S字状にうねる雲を描いた『星月夜』を制作した。
ファン・ゴッホの病状は改善しつつあったが、アルルへ作品を取りに行き、戻って間もなくの同年(1889年)7月半ば、再び発作が起きた。8月22日、ファン・ゴッホは「もう再発することはあるまいと思い始めた発作がまた起きたので苦悩は深い。……何日かの間、アルルの時と同様、完全に自失状態だった。……今度の発作は野外で風の吹く日、絵を描いている最中に起きた。」と書いている。9月初めには意識は清明に戻り、自画像、『麦刈る男』、看護主任トラビュックの胸像、ドラクロワの『ピエタ』の石版複製を手がかりにした油彩画などを描いた。また、ミレーの『野良仕事』の連作を模写した。ファン・ゴッホは、模写の仕事を、音楽家がベートーヴェンを解釈するのになぞらえている。以降、12月まで、ミレーの模写のほか『石切場の入口』、『渓谷』、『病院の庭の松』、『オリーブ畑』、サン=レミの『プラタナス並木通りの道路工事』などを描いた。  (wikipedia・フィンセント・ファン・ゴッホ#サン=レミ(1889年5月-1890年5月)より)]

エドガー・ドガ作、右「Dancers in Green and Yellow」、左彫刻三体。

ピカソ『アイロンをかける女性』・青の時代(1901年 – 1904年)(https://www.guggenheim.org/artwork/3417)

左端、パブロ・ピカソ『アコーディオンを弾く人』(1911年)(https://www.guggenheim.org/artwork/3426)、中央『セレの風景(Landscape at Céret)』(1911夏)(https://www.guggenheim.org/artwork/3427)、右端『カラフ、ジャグ、フルーツボウル』(1909年夏)(https://www.guggenheim.org/artwork/3425)

フランツ・マルク『黄色い牛』(1911年)

アメデオ・モディリアーニ – カメラ初期設定方向右『黄色いセーターのジャンヌ・エビュテルヌ』(1918 – 1919年)、左『Nude (Nu)』(1917年)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*