タイムズスクエア

マーカーはカメラ位置です。

タイムズスクウェア
[タイムズ・スクウェア(Times Square)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市内ミッドタウンにある繁華街・交差点の名称。マンハッタン島の42丁目と7番街、ブロードウェイの交差を中心に位置し、東西は6番街から9番街まで、南北は39丁目あたりから52丁目あたりに広がるが、厳密な境界はない。いわゆるブロードウェイ・ミュージカルが上演されている各シアターが所在するシアター・ディストリクトの中心とほぼ一致する。
1904年4月8日、ジョージ・マクレラン・ジュニア市長により、名称が現在のものへと変更された。当時はニューヨーク・タイムズの本社ビルが42丁目の角にあり、これを元にした名称変更であった。タイムズ紙編集者の要請により、地下鉄駅も作られた。 タイムズ紙本社ビルは1913年に移転したが、タイムズ・スクウェアの名称は残った。
1910年代~1920年代にかけて、劇場・音楽ホール・きらびやかなホテル等により、タイムズ・スクウェアは急速に発展を見せた。1930年代の世界恐慌の訪れとともに、その雰囲気はガラリと変わる。いかがわしいショーや連夜のエロティック・ムービーを上演するような風俗街へと成り下がり、多くの危険地帯も生まれる。その結果、1960年代~1990年代初頭まで、タイムズ・スクウェア一帯はニューヨーク市の危険地帯を代表する場所、とまで言われるようになった。
1990年代半ば、ルドルフ・ジュリアーニ市長の指揮の下、その一帯からはポルノショップ等は姿を消し(ブルックリンクイーンズ区へと移った)、安全面を向上させ、観光客に親しみやすい地域としてタイムズ・スクウェアは生まれ変わった。
夜のタイムズスクウェア・wikipedia-photo、タイムズスクウェアのネオンサイン・wikipedia-photo、タイムズスクウェアの交差点・wikipedia-photo  (wikipedia・タイムズスクウェア_(ニューヨーク州)より)]

タイムズスクエア – Google Map 画像リンク

カメラ位置はタイムズスクエアで、カメラ南方向がワン・タイムズスクエアです。カメラ北方向、ワン・タイムズスクエアの反対側にも同様なツー・タイムズスクエアと呼ばれる建物が存在する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*