ダイクマン・ファームハウス博物館

マーカーはダイクマン・ファームハウス博物館です。

ダイクマン・ファームハウス博物館(Dyckman Farmhouse Museum)
[ダイクマンハウス(英 Dyckman Farmhouse)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークマンハッタンに現存するマンハッタン島内で最も古い家屋である。現在はダイクマンハウスミュージアムとなり博物館として保存されている。
オランダ式コロニアルスタイルの農家で、オランダ人の農業家、William Dyckmanによって1784年ごろ建築され、1868年まで三世代にわたり使用された。現在はマンハッタンの北端のInwood地区のBroadwayと204丁目の角に博物館として保存されている。ダイクマン家の農場はWilliamの祖父Janにより経営され1660年代より存在した。
ニューヨーク市で最も古い家屋であるブルックリンにあるWyckoff Farmhouseより130年ほど後、マンハッタン南部のダウンタウンで最も古い Merchant’s Houseより50年ほど古い建築物である。ダイクマンハウスは1910年よりニューヨーク市の管理下にあり、1916年よりミュージアムとして内部が一般に公開されており、当時から残るピアノなどの家具や家族の手紙などが展示されている。マンハッタンは17世紀中ごろまでオランダ領であり、当時のオランダ文化を色濃く残す物が多い。またマンハッタンの北部は19世紀末まで農場が広がる田舎であり、当時の風景を描いたスケッチなども博物館に展示されている。1967年にはNational Historic Landmark(アメリカ合衆国国家歴史登録財)に指定された。またニューヨークの歴史的な家を保存する非営利団体であるヒストリック・ハウス・トラスト(Historic House Trust(HHT))のリストのひとつでもある(ヒストリック・ハウス・トラストのホームページ)。
ニューヨーク市営の地下鉄、1番かAで207丁目駅を降車後、徒歩数分で到着する。入場料は1ドルで開館日は金曜日、土曜日、日曜日(2013年時点)となっている。  (wikipedia・ダイクマンハウスより)]

[マンハッタン島の北端近くにあるこの「農家博物館」はタイムズスクエアからわずか8マイルという距離にも関わらず古い農家の暮らしを再現してくれます。ジャン・ダイクマン(Jan Dyckman)が17世紀にドイツから移民して住み着いた家が博物館として残ったものです。  (「City of New York : アッパー・マンハッタン地図 | ニューヨーク」より)]

Dyckman Farmhouse – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がダイクマン・ファームハウス博物館です。

ダイクマン・ファームハウス博物館内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*