シティーホール(旧市庁舎)

マーカーはシティーホール(旧市庁舎)です。

シティーホール(旧市庁舎)
[高層ビルに囲まれる公園の中に建つ真っ白いフランス・ルネサンス様式の建物は、ニューヨーク市庁舎(1813年築)です。この庁舎は1811年のニューヨーク計画、 すなわちマンハッタン全体をグリッドで覆い尽くすという計画にほぼ合わせて作られた。 そしてこの場所は当時の市街地の外れ(北端)だった。  (「シティーホール(旧市庁舎)」より)]

「この建物が186年もの間、57の市の行政機関の中枢となってきた」、そうジュリアーニ前市長は言いました。市庁舎の建物は最も長持ちしした優れた建築物の一つなのです。この白いフランス・ルネサンス様式の建物は1803年から1812年に建築され最近改修工事がなされました。この市庁舎がある一帯をシビック・センターと呼び、ニューヨーク裁判所、サロゲイツ裁判所、ニューヨーク郡裁判所、マニシパル・ビルなどがこのエリアに集中しています。マニシパル・ビルを市庁舎と呼ぶ場合もあるので注意が必要です。  (「ニューヨーク観光情報:観光名所・ランドマーク」より)]

[シティーホール・wikipedia-photo、夜のシティーホール・wikipedia-photo]

市庁舎公園 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がシティーホール(旧市庁舎)です。

市庁舎公園から見たシティーホール(旧市庁舎)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*