ニューヨーク公共図書館

マーカーはニューヨーク公共図書館です。

ニューヨーク公共図書館
[ニューヨーク公共図書館は、ニューヨーク市に所在する公共図書館。米国を代表する図書館のひとつで、私立の図書館としては世界屈指の規模をもつ。19世紀のニューヨークにはアスター図書館とレノックス図書館という 2つの図書館があった。ニューヨーク州知事のサミュエル・ティルデンがこの 2つの図書館を統合し、庶民のための図書館をつくる提案をしたのが 1886年である。本館は 1911年に竣工し、以後アンドリュー・カーネギーらによる寄付によりニューヨーク各所にブランチ・ライブラリーを増やしてきた。1980年に大幅な拡張が行われ、現在では本館の建物はもっぱら人文系の研究図書館になっている。正面玄関の前にある 2つのライオン像は母体となった 2つの図書館の名をとってそれぞれ “Astor” “Lenox” という名前がついているが、1930年代の世界恐慌時にはそれぞれ “Patience (忍耐)” と “Fortitude (不屈の精神)” というニックネームがつけられた。当時のニューヨーク市民には、これら 2つの資質が必要だったからである。最近では、著作権が切れてパブリック・ドメインになった画像を専門の職員がスキャンし、インターネット上から自由に利用できるようにしたディジタル・ライブラリーを開設した。ここには喜多川歌麿浮世絵なども含まれている。
「1897年–1911年に立てられた中央棟、ニューヨーク公共図書館(2011年6月撮影)」・wikipedia-photo、一対の閲覧室の片方のパノラマ全景。・wikipedia-photo  (wikipedia・ニューヨーク公共図書館より)]

ニューヨーク公共図書館本館 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がニューヨーク公共図書館です。

ニューヨーク公共図書館玄関ホールのカメラです。

カメラはニューヨーク公共図書館閲覧室です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*