ニューヨーク市立大学シティカレッジ(ニューヨーク大学)

マーカーはニューヨーク市立大学シティカレッジ(ニューヨーク大学)です。

ニューヨーク市立大学シティカレッジ(ニューヨーク大学
[ニューヨーク市立大学シティカレッジ (City College of The City University of New York) は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークマンハッタンにある公立総合大学である。アメリカで最も古い公立大学の一つ。大学の略称は「City College of New York」。一般に「シティカレッジ」、「CCNY」、または「シティ」と呼ばれる。1847年、前身となるニューヨーク市の高等教育機関「フリーアカデミー」として創立。創設者は、ニューヨーク市教育局長として公共政策に尽力し、後年に初代駐日公使として来日、1858年に日米修好通商条約を締結したタウンゼント・ハリスニューヨーク市立大学システムの起源となった大学である。1866年に現在のシティカレッジという名前になった。160年を超える伝統と歴史を通し、卒業生の中から9人のノーベル賞受賞者を輩出する。アイビー・リーグとして代表されるアメリカのトップ私立学校がプロテスタント支配階級に制限され排他的な体制を持っていた19世紀から20世紀前半にかけて、当時授業料無償であったこの大学に、ヨーロッパでの迫害を逃れ移民して来た聡明なユダヤ人子弟が大挙して集った。その輝かしい学術業績が彼ら労働者階級出身の学生によって成し遂げられたものであったため、ニューヨーク・タイムズにより「プロレタリアハーバード」(“Harvard of the Proletariat”)と称された。1930年代から1950年代にかけては、政治的急進主義として知られ、トロツキズムスターリニズムの社会議論の場として活況を呈した。同時期の卒業生は後に「ニューヨーク知識人」集団となり、「ネオコン」と呼ばれる新保守主義_(アメリカ)(Neoconservatism)に影響を与える事になる。現在はユダヤ人の他、アフリカ系アメリカ人ラテン系アメリカ人東欧諸国からの移民、アフリカアジアからの留学生など様々な学生が学び、「社会に開かれた大学」というハリスの建学の理念が受け継がれている。学内には「ハーレム大学」(“Harlem University”)の名称を掲げる1969年設立の学生自治会がある。2004年、元アメリカ大統領ビル・クリントン氏が法学の名誉博士号を授与された。2005年、卒業生であるロバート・オーマン博士がノーベル経済学賞を受賞した。 (wikipedia・ニューヨーク市立大学シティカレッジより)]

ニューヨーク市立大学シティカレッジ – Google Map 画像リンク」「シェパード ホール – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がニューヨーク市立大学シティカレッジ・キャンパスです。

ニューヨーク市立大学シティカレッジ・キャンパス広場のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*