ニューヨーク植物園

マーカーはニューヨーク植物園です。

ニューヨーク植物園
[ニューヨーク植物園(New York Botanical Garden、NYBG)はアメリカ合衆国ニューヨークブロンクス区のブロンクス公園内に所在する植物園。世界でも先端的な植物学研究所を持っている。総面積は250エーカー、年間を通して大規模な展示会やフラワーフェスティバルが開かれ、年間80万人が訪れている。
1891年に設立された。植物園一帯の土地はタバコ会社の所有者、ピエール・ロリラードらの、ロリラード家の所有地であったのをニューヨーク市が動物園、植物園の設立のために買収した。ロリラードの屋敷のあった場所はセントジョン・カレッジ(現在のフォーダム大学)のキャンパスの東端部分となった。植物園設立の資金は、トリー植物クラブ(Torrey Botanical Club)とコロンビア大学の植物学者、ナサニエル・ロード・ブリトンとその妻らが行った募金活動で集められた。植物園は1967年に国定歴史建造物に指定された。
庭園の一番の呼び物は、1890年代のビンテージものの鉄の枠組みによる「水晶宮」ふうの温室で、これはロード&バーナムの製作になるもので、今はハウプト・コンザーバトリーが管理している。ペギー・ロックフェラーバラ園は、1916年にもともとはベアトリス・フェランドーによって作られたもの、石の庭園は37エーカーあり、コニファーの収集がある、広報センターを含む拡張研究部門や550,000冊を擁する図書館、そして3世紀以上も遡る700万以上の植物の種子を集めた植物標本室など見るべきものは多い。植物園の中心には、50エーカーほどの古い巨木の森があり、その中でも最大のものは17世紀に最初のヨーロッパからの植民者たちが到来する以前にニューヨークの地を覆っていた原生林の生き残りである。森そのものはブロンクス川によって左右に分けられ、渓谷や急流がつくられている。その川岸沿いに1840年に建てられたロリラード・スナッフ水車という名で知られるランドマーク、ストーン・ミルがある。
中央入場口・wikipedia-photo、「Enid A. Haupt Conservatory」・wikipedia-photo、バラ園・wikipedia-photo  (wikipedia・ニューヨーク植物園より)]

Bronx Botanical Garden – Google Map 画像リンク」「ブロンクス・グリーン・アップ – Google Map 画像リンク」「ザ・ジェーン・ワトソン・アーウィン・ペレニアル・ガーデン – Google Map 画像リンク」「イーニッド A. ハオプト・コンサーバトリー – Google Map 画像リンク」「ロック・ガーデン – Google Map 画像リンク」「ブロンクス・リバー・ウォーターフォール – Google Map 画像リンク」「Stone Mill – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がニューヨーク植物園エントランスのストリートビューです。

イーニッド A. ハオプト・コンサーバトリー

イーニッド A. ハオプト・コンサーバトリー内のカメラです。

ザ・ジェーン・ワトソン・アーウィン・ペレニアル・ガーデン

ロック・ガーデン

Stone Mill

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*