バッテリー・パーク

マーカーはザ・スフィアです。

バッテリー・パーク
[マンハッタン島の南海岸は、長年バッテリーとして知られており、少なくとも17世紀以来、人気のプロムナードだった。この時期、公園は町を保護するために利用された。バッテリーは、アメリカ独立戦争後のアメリカの、最後の英国軍の出発を記念した撤収の日の中心となった。現在の公園は、ダウンタウンが急激に発達し、足を運べるオープンスペースが求められた19世紀に、埋め立てによってつくられた。超高層ビルは、もともとの土地をほとんど占領しており、公園が始まるところで突然姿を消している。以前のハーバー・フロントで、公園の北端でもあるステート・ストリートに面し、唯一の連邦政府のマンションが、シュライン・オブ・サント・エリザベス・アン・シートンとして残っている。1820年代まで、町の小さな住宅地は、この家の北側の、ブロードウェイとノース・リバー(現在はハドソン川として知られる)の間にあった。
公園内には、米英戦争の直前、海岸から離れた小さな島に建てられたアメリカの砦であり、市長・デウィット・クリントンに因んで名付けられたクリントン城がある。バッテリー・パークが建設されたとき、その土地に島は取り囲まれ、公園の一部となった。
アメリカ合衆国国立公園局のデータによれば、クリントン城は最も人気の国立公園となっている。自由の女神像エリス島へのフェリーが出発する場所でもあるクリントン城は、2009年に408万人の観光客を記録した。
ザ・スフィア
2001年9月11日のアメリカ同時多発テロから5ヶ月後、ワールド・トレード・センターの中心から数ブロック離れた場所にあり、損害は受けたが壊れなかった、フリッツ・ケーニッヒ(Fritz Koenig)の「ザ・スフィア」が、公園の北部のアイゼンハワー・モールに沿い、再配置された。
「バッテリー・パークの航空写真。クリントン城の左にはA埠頭を、右にはサウス・フェリー・ターミナルを、公園の後ろにはフィナンシャル・ディストリクトを臨むことができる(2010年撮影)」・wikipedia-photo
「ジョン・マコンブ・ジュニア作とされるジェームズ・ワトソン・ハウス(1793–1806)と隣接するセント・エリザベス・アン・シートン教会はバッテリー・パークに面する」・wikipedia-photo
「手にUSSモニターの模型を握りしめる、バッテリー・パークのジョン・エリクソンの像」・wikipedia-photowikipedia-photo  (wikipedia・バッテリー・パークより)]

バッテリー・パーク – Google Map 画像リンク」「ザ・バッテリー・アーバン・ファーム – Google Map 画像リンク」「イースト・コースト・メモリアル – Google Map 画像リンク」「バッテリー・パーク – Google Map 画像リンク」「聖 エリザベス アン シートン 教会 – Google Map 画像リンク

バッテリー・パーク北東入場口のストリートビューです。

クリントン城入場門前のカメラです。

クリントン城内のカメラです。

カメラ北北西方向がザ・スフィアです。(Google Map)

カメラ位置は自由の女神像へのフェリー乗り場前です。チェックゲートは北東方向にあります。

ジョン・エリクソンの像前のカメラです。(Google Map)

カメラ南東方向がステート・ストリートにあるジェームズ・ワトソン・ハウスとセント・エリザベス・アン・シートン教会です。(Google Map)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*