フェデラル・ホール

マーカーはフェデラル・ホールです。

フェデラル・ホール
[フェデラル・ホール(Federal Hall)は、アメリカ合衆国ニューヨークのウォール街26番地にあるアメリカ合衆国議会旧議事堂。連邦公会堂と訳されることもある。アメリカ合衆国議会議事堂としては正確には二代目に当たる。現在の建物は1842年に再現して建てられた米国税関の建造物。現在記念館(Federal Hall National Memorial)として有名な観光名所となっている。元は1700年にニューヨーク市の市庁舎として建設された。1789年にはアメリカ合衆国議会最初の議事堂として開催され権利章典_(アメリカ)が採択される。そしてジョージ・ワシントンアメリカ合衆国大統領に選出され就任演説を行った。1790年に首都がフィラデルフィアに移動したことにより、再びニューヨーク市庁舎として1812年まで利用され、その後取り壊された。現在の建物は1842年に建てられた米国税関の建造物。
「フェデラル・ホール国立記念館」・wikipedia-photowikipedia-photo、「フェデラル・ホール正面に設置されているジョージ・ワシントン像」・wikipedia-photo、「2007年1月31日にメインホールで演説するジョージ・W・ブッシュ大統領(当時)」・wikipedia-photo  (wikipedia・フェデラル・ホールより)]

[1763年2月、フレンチ・インディアン戦争(1755年 – 1763年)が終結すると、イギリス王ジョージ3世(在位:1760年 – 1820年)とグレンビル内閣は、植民地アメリカへの課税(1764年・砂糖法、1765年・印紙法、1767年・タウンゼンド諸法、1773年・茶法)と支配を強化した。この本国政府による植民地圧迫策は、次第に植民地住民の本国に対する不満を鬱積させ、本国からの離反機運の醸成をもたらす。  (wikipedia・アメリカ独立宣言より)]

[印紙法会議(英: Stamp Act Congress)は、1765年10月に、ニューヨーク市のフェデラル・ホールとなった建物で、イギリス領アメリカ13植民地のうち9植民地からの代表が集まり、当時成立したばかりの印紙法について議論し、行動を起こした会議である。
代表を送らなかった植民地はジョージアノースカロライナバージニアおよびニューハンプシャーの4植民地であり、ニューヨーク植民地は特定の郡部の代表が出たが、植民地自体の代表ではなかった。
1765年6月、マサチューセッツ湾直轄植民地議会から回状が他の植民地議会に送られ、「植民地の現在の状況について共に相談したし」と認められていた。集まった代表達全ては各植民地の議会に奉仕する者達であり、イギリス王ジョージ3世に忠実な者ばかりだった。
このような会議が計画されていると言う報せがロンドンに届いたとき、貿易担当相達は大変当惑し、国王に手紙を書くことにした。かれらは国王に「これはイギリス王国と議会にとって最大限に由々しきことである。…議会の考慮だけが対処できる方法である。」と報告した。しかし、議会が印紙法会議の存在に付いて知らされた時には、既に会議が開かれていた。
宣言
権利の宣言には植民地が抗議する14項目が挙げられていた。印紙法というような具体的なことに加えて、次のような主張があった。
●植民地議会だけが植民地に課税する権利がある。
●陪審制裁判は権利であり、海事法裁判所を使うことは悪用である。
●植民地の民はイギリス人が持つ権利全てを持っている。
●投票権が無ければ、イギリスの議会は植民地人の代表たりえない。  (wikipedia・印紙法会議より)]

フェデラル・ホール – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がフェデラル・ホールです。

フェデラル・ホール内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*