ブルックリン橋

マーカーはブルックリン橋です。

ブルックリン橋
[ブルックリン橋(Brooklyn Bridge)は、ニューヨーク市のマンハッタン島南端付近とブルックリン区を結ぶ橋である。マンハッタン島から南東方向に向かって伸びており、マンハッタン橋と並ぶように位置している。イースト川(East River)の上に架かっており、長さは1,834m、中央径間は486m。もともとの名称は“ニューヨーク-ブルックリン橋”といった。米国でもっとも古い吊り橋の一つであり、同時に鋼鉄のワイヤーを使った世界初の吊橋でもある。14年の歳月をかけて1883年に竣工・完成した。同年5月24日に開通し、開通初日には15万人もの人がこの橋を渡った。この橋は 2層に分かれており、現在でも上層は人や自転車が歩いて渡ることができる。下層は片側3車線の車道である。ブルックリン橋はゴシック風のデザインともあいまってニューヨークの観光名所のひとつになっており、休日にはよく橋の上をランニングする人々を見ることができる。
歴史
ブルックリン橋はベルリン王立高等理工科学校(現・ベルリン大学理工学部土木工学科)の橋梁工学を卒業したテューリンゲン州ミュルハウゼン出身のドイツ系移民のジョン・オーグスタス・ローブリング(John Augustus Roebling、1806〜1869年、ドイツ語発音ではヨーハン・アウグスト・レーブリング(Johann August Rӧbling))によって最初に設計されたが、彼は橋の建設開始をまたず、衝突事故による破傷風で死亡した。その後、南北戦争に従軍した息子のワシントン・ローブリング(1837〜1926年)が建設を引き継いだが、彼もまたケーソン病で下半身麻痺となり現場に立てなくなったため、同じドイツ系の妻のエミリー・ワーレン・ローブリング(1843〜1903年)が工学を勉強し、現場の監督者と彼との意思疎通をはかった。ワシントンは1903年に妻に先立たれてからも、1926年に89歳で亡くなるまで自宅から望遠鏡で橋の建設を見守ったという。建設当時、ケーソン病はまだよく理解されていなかった。
ローブリングは橋を設計する際に、当時必要と考えられていた強度よりも 6倍も頑丈に設計した。橋が建設された当時はまだ風洞実験が行われておらず、同時期に建てられた橋のほとんどが廃棄されたのに対して、この橋が今日まで生きながらえたのはこのようないくつかの幸運があったためだと指摘されている(多くの橋が廃棄されたのは、タコマナローズ橋が風で崩壊したことも理由となる)。
建設に際しては多数のケーソン病による死者を出した。
ブルックリン橋・wikipedia-photo、ブルックリン橋・wikipedia-photo、橋上の風景案内版 建設中の「自由の女神」・wikipedia-photo、「ブルックリン・ハイツ・プロムナード」・wikipedia-photo  (wikipedia・ブルックリン橋より)]

ブルックリン橋 (Brooklyn Bridge)

ブルックリン橋 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がブルックリン橋です。

カメラ西方向がブルックリン橋です。

ブルックリン橋歩車道部のカメラで、中央分離帯上が歩道部になっています。

ブルックリン橋歩道部のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*