ブロンクス動物園

マーカーはブロンクス動物園です。

ブロンクス動物園
[ブロンクス動物園(Bronx Zoo)は、ニューヨーク市の行政区・ブロンクスに位置し、ブロンクス公園内にある。動物園では、世界中の約650種4000匹の動物が飼育されており、世界最大の動物園の1つである。園地及び自然生息地からなる敷地は面積が265エーカー(107 ha)で、ブロンクス川が流れる。
ブロンクス動物園は、野生動物保護協会(WCS)によって管理される4つの動物園と1つの水族館の総合システムの一部であり、動物園・水族館協会(AZA)によって運営されている。
フォーダム大学が後にブロンクス動物園とニューヨーク植物園になった土地を所有していた。フォーダム大学は、国が動物園と公園のみに使用するという条件付きで、土地を$1,000でニューヨーク市に売った。これは大学の敷地と、都市拡大による周辺の住宅街との間を、自然の地域で妨げるためでもあった。1880年代には、隣にニューヨーク州が公園として開発する地域を置いた。1895年、ニューヨーク市が動物園設立の目的で、ニューヨーク動物学協会(後に野生動物保護協会に改名)を設立した。
動物園(もともとブロンクス動物公園、ブロンクス動物庭園と呼ばれた)は、1899年11月8日、22種類843匹の動物を展示し、一般公開した。初代動物園長はウィリアム・テンプル・ホルナディ。ヘインス・アンド・ラファージュは、最初に動物園を設計し、大きなアシカ・プールの周辺にボザール様式のパビリオンを並べた。1934年、ポール・ジェームズ・レイニーに捧げられた、有名彫刻家のポール・マンシップがデザインした彫刻、レイニー記念門が建った。門は1972年にアメリカ合衆国国家歴史登録財としてリストアップされている。
2006年11月、動物園は、ブロンクス川ゲートの外側に新しい環境に優しい化粧室をオープンさせた。動物園のバイオトイレを開発したクリブス・ムルトルム・カンパニーによれば、この設備は年間50万人が利用し、1,000,000USガロン(3,800,000 l)の水を節約している。
2010年時点で、ブロンクス動物園には650種4,000匹以上の動物を飼育しており、これらの多くは、危機状態である。アフリカ平原、ワイルド・アジアなどは、地理的に分けられている一方、ワールド・オブ・バード、爬虫類館など、展示の一部は、動物の分類学的に分けられている。
「アジアゲート・エントランス」・wikipedia-photo、「ブロンクス動物園のサイド・エントランス」・wikipedia-photo、ゴリラの展示・wikipedia-photo、「ジャングル・ワールドのシルバールトン (学名:Trachypithecus cristatus)」・wikipedia-photo、「は虫類の展示にいるアメジストニシキヘビは、オーストラリアで最大のヘビ」・wikipedia-photo  (wikipedia・ブロンクス動物園より)]

ブロンクス動物園 – Google Map 画像リンク」「Wild Asia Monorail – Google Map 画像リンク」「African Lions, Bronx Zoo – Google Map 画像リンク」「Bronx Zoo Lions Exhibit – Google Map 画像リンク」「African Wild Dogs, Bronx Zoo – Google Map 画像リンク」「Wildlife Conservation Society, Research Fellowship Program – Google Map 画像リンク」「Tiger Mountain, Bronx Zoo – Google Map 画像リンク」「Madagascar, Bronx Zoo – Google Map 画像リンク」「American Bison, Bronx Zoo – Google Map 画像リンク」「ロックフェラー・ファウンテン – Google Map 画像リンク」「Butterfly Garden – Google Map 画像リンク

ブロンクス動物園南ゲートのストリートビューです。

Asia Plaza・駱駝の試乗

キリン

Butterfly Garden

Zoo Center Trail S・カメラ北北東方向がサイの館です。

サイ

熊との遭遇

ロックフェラー・ファウンテン

ブロンクス動物園北ゲート前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*