ヘルズ・キッチン(Hell’s Kitchen)

マーカーはカメラ位置です。

ヘルズ・キッチン(Hell’s Kitchen)
[ヘルズ・キッチンミッドタウンの西の端にある安アパート街で食糧倉庫などがあるエリアでした。映画「ウエスト・サイド・ストーリー」の舞台にもなりましたが、1960年代を中心となり麻薬中毒者や売春婦が徘徊する退廃した危険なエリアでした。名称もそうしたことが背景にあるといえるでしょう。その後1989年にワールド・ワイド・プラザ・ビルの建設以降1990年代の経済発展とともに不動産開発業者がエリア名を「クリントン」とし比較的安い家賃をベースに多くのレストランが立ち並ぶようになりました。同名のメキシコ料理店があります。  (「ニューヨーク観光情報:観光名所・ランドマーク」より)]

[ヘルズ・キッチン(英語: Hell’s Kitchen、地獄の台所)は、ニューヨークマンハッタンの地域。クリントン、またはミッドタウン・ウエストと呼ばれることもある。
ポート・オーソリティ・ターミナルの西側地区などの一帯、34丁目 (34th Street) から57丁目 (57th Street) までと、8番街 (8th Avenue) からハドソン川までの区域。
19世紀半ばよりの産業発展期の中心地でもある。当時はギャング団が現れるようになり、「アメリカ大陸でもっとも危険な地域」と呼ばれるようになり、その治安の悪さから現在の名で呼ばれるようになった。元々の由来はギャング団の名前等、諸説ある。
アル・パチーノシルヴェスター・スタローンの出身地。
フィクションでは、デアデビルの出身地とされており、映画版『デアデビル』の舞台としても使用されている。  (wikipedia・ヘルズ・キッチンより)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*