マディソン・スクエア

マーカーはマディソン・スクエアです。

マディソン・スクエア
[マディソン・スクエア(Madison Square)は、ニューヨークマンハッタン区のフラットアイアン・ディストリクト(Flatiron District)にある市所有の公園である。公園の東側はマディソン街、南北は23丁目と26丁目、西側は5番街ブロードウェイ(この二つの通りは公園の横で交差している。)である。マディソン街は公園の南東の角、23丁目からはじまる。広さは25,000平方メートル(6.2エーカー)。公園の名は第4代アメリカ合衆国大統領ジェームズ・マディソン(1751年 – 1836年)に因む。非営利管理団体 (Madison Square Park Conservancy) が主体になり、ニューヨーク市公園局 (New York City Department of Parks and Recreation) と連携して維持管理を行っている。
最寄りの地下鉄の駅はNR、W、6線の23丁目駅である。
「マディソン・スクエア」の名前はスポーツアリーナのマディソン・スクエア・ガーデンによって良く知られているが、最初のアリーナは1874年にこの公園のすぐ北側に建設された。その後1889年に改築、1925年に8番街49丁目/50丁目に移転し、更に1964年に現在の8番街33丁目に移転した。
「雪に覆われたマディソン・スクエアの夜景」・wikipedia-photo、夏の朝の光景(2010年)・wikipedia-photo、公園内で行われたコンサート(2008年)・wikipedia-photo、「マディソン・スクエアから見たフラットアイアンビルディング(2003年)」・wikipedia-photo  (wikipedia・マディソン・スクエアより)]

[マディソン・スクエアには、ブロードウェイ側公園入口に、ニューヨーク州知事アメリカ合衆国上院議員を務め、エイブラハム・リンカーンアンドリュー・ジョンソン両大統領の下で国務長官を務めた、ウィリアム・スワード(1801年 – 1872年)の銅像が建ち、公園北東角付近に、
アメリカ合衆国の第20代副大統領および第21代大統領で、政治家に関して深くシニカルであったマーク・トウェインは「アーサー大統領の治世よりも良い政治を行うことは本当に困難であろう。」と認めている、チェスター・A・アーサー(1830年 – 1886年)、公園北側池西側にアメリカ合衆国海軍の軍人で、南北戦争(1861年 – 1865年)のモービル湾(1864年8月5日)の海戦で「機雷がなんだ。全速前進!」という命令を出したことで、大衆文化の中でも記憶されて、アメリカ海軍では初の海軍大将になった、デヴィッド・ファラガット(1801年 – 1870年)の像が建っています。
「ニューヨーク市のマディソン公園にあるウィリアム・スワードの銅像」・wikipedia-photo (各人名のwikipediaより)]

マディソン スクエア パーク – Google Map 画像リンク」「Madison Square Fountain – Google Map 画像リンク」「Admiral David Glasgow Farragut Monument – Google Map 画像リンク」「マディソン スクエア パーク – Google Map 画像リンク」「シェイク シャック – Google Map 画像リンク

ウィリアム・スワード像前のカメラです。像後方向のマディソン・スクエア南エリアにアメリカでチェーン店を展開しているハンバーガー「シェイク・シャック(Shake Shack)」のチェーン展開するきっかけとなった第一号店(wikipedia-photo)があります。

マディソン・スクエア噴水(Madison Square Fountain)前のカメラで、カメラ東方向にシェイク・シャックがあります。

「シェイク・シャック」前の前の360citiesです。

デヴィッド・ファラガット像前のカメラです。

チェスター・A・アーサーの像前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*