マーチャンツ・ハウス博物館

マーカーはマーチャンツ・ハウス博物館です。

マーチャンツ・ハウス博物館(Merchant’s House Museum)
[ニューヨーク中、唯一19世紀から残る個人邸宅を改装した博物館。文字通り「マーチャンツ」一家の当時の暮らしぶり、その頃のニューヨークの生活をうかがい知ることができます。  (「http://uscities.web.fc2.com/ny/information/maps/greenwich-map-j.html」より)]

[先日の週末、マーチャンツハウス(商人の家)博物館(Merchant’s House Museum)に行ってきました。
この博物館では、19世紀前半に建てられたお金持ちの商人の家が一般開放されています。先日訪れたテネメント博物館(記事参照)では、19世紀後半から20世紀へかけてアメリカへ渡った貧困層の移民が扱われていましたが、ここではそれと同じ時代にNYで商人として豊かな家族の生活が扱われており、その対比は面白いのではないかと思い行ってきました。
ちなみにこの博物館には、お化けがでるらしく、受付でしきりに宣伝していました。ご丁寧に心霊写真もかざってありました。そしてその横に「結婚披露宴などのパーティーをしたい方、屋敷をレンタルします!」との宣伝が。お化け屋敷で結婚式を挙げたい人がいるのでしょうか・・・。
このお宅には裏庭があります(ほぼ近代に入ってからの造作ですが)。昔は家の裏手にある台所へ直接石炭、氷、野菜、etc.がこの裏庭を通して運び入れられていました。今のマンハッタンで庭付きの一戸建てを持つなんてちょっと考えられない贅沢です。  (「商人の家博物館|ニューヨーク日和 – アメーバブログ」より)]

Merchant’s House Museum – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がマーチャンツ・ハウス博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*