ヤンキー・スタジアム

マーカーはヤンキー・スタジアムです。

ヤンキー・スタジアム
[ヤンキー・スタジアム (Yankee Stadium) とはアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークブロンクス区に建設された野球場。MLBニューヨーク・ヤンキースの本拠地球場。
1923年から使用されていた旧ヤンキー・スタジアムが老朽化、2001年12月にルドルフ・ジュリアーニニューヨーク市長はニューヨーク・ヤンキースとニューヨーク・メッツの両チームにそれぞれ8億ドルの球場を建設することに暫定的に合意。2002年にマイケル・ブルームバーグがニューヨーク市長に就任するとこの計画は一時凍結となったが、新スタジアムを建設することが決まり、ベーブ・ルースの58回忌である2006年8月16日に起工式が行われた。建設費は15億ドルであった。
建設費が15億ドル掛かったことでチケット料金が高騰し、1席平均70ドル(開場当時の為替相場で約7000円)もすることが物議を醸した。
外野フェンスが左右非対称な形状をもち、極端に深い左中間に比べて右翼側が狭くなっているため、旧スタジアムの時代から、右打者に比べ左打者に有利なことで知られてきた。
2009年に新スタジアムが開場すると、一試合平均4本以上の本塁打が飛び交っており、大リーグの全本拠地球場の中でも一試合当たりの本塁打数が著しく多い球場となった。また、その本塁打の大半がライトスタンドに入っており、左打者に対して極端に有利な球場とみなされている。2009年以降、ヤンキースのホームでの本塁打量産率はロードの約1.5倍になっている。米気象会社であるアキュウェザー(AccuWeather)は、「新スタジアムでの本塁打約20パーセントが、旧スタジアムでは本塁打になっていない」と分析している。
その原因として、旧スタジアム時代には存在していた右中間の平均的な膨らみが削られたことや、立地の関係でかつては右翼から本塁に向かって吹いていた緩やかな向かい風が、現在では本塁から右翼上空へと客席から吹き抜ける追い風となっているため、打球が伸びるようになったことなどが指摘されている。他球場では平凡な右飛となるであろう打球がそのままスタンドインするといった光景が頻繁に見られる。それに対応して右投手にとっては極めて不利な球場になった。
この本塁打の乱発現象に対し、「ゲームが大味になるからつまらない、何とかしろ」「新球場は欠陥球場」などの批判的な声も上がっており、ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMや米国の気象会社が原因究明に乗り出すこととなった。
「ヤンキー・スタジアム」・wikipedia-photo  (wikipedia・ヤンキー・スタジアムより)]

ヤンキー・スタジアムをとことん楽しむために知っておくべきこと

ヤンキー・スタジアム – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がヤンキー・スタジアム、第四ゲートです。

カメラ南南東方向がヤンキー・スタジアム、第二ゲートです。

ヤンキー・スタジアムゲート内通路のカメラです。

カメラはヤンキー・スタジアム、バックネット裏スタンドのカメラです。

カメラはヤンキー・スタジアム、レフト外野スタンドのカメラです。

カメラはヤンキー・スタジアム、センター外野スタンドのカメラです。

カメラはヤンキー・スタジアム、ライト外野スタンドのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*