ルーズベルト・アイランド橋

マーカーはルーズベルト・アイランド橋です。

ルーズベルト・アイランド橋
[ルーズベルト・アイランド橋(英語: Roosevelt Island Bridge)は、イースト川のイースト海峡を横断し、ルーズベルト島クイーンズのアストリアを結ぶ昇降橋である。これは、乗り物と徒歩(公共交通機関を使用しない)で唯一の島へのルートである。
橋の建設は、1952年3月17日、650万$のコストをかけて始まった。1955年5月18日、ウェルフェア・アイランド橋(Welfare Island Bridge)として開業した。この名称は、1973年にルーズベルト・アイランド橋へと改名された。
開橋時には、高さ100フィート (30 m)の空間が船に与えられる。橋は幅40フィート (12 m)で、全長は、入口を含み2,877フィート (877 m)。メインスパンは、418フィート (127 m)。
橋が建造される前は、クイーンズボロ橋のエレベーターを使った唯一の手段で、ルーズベルト島にアクセスすることができた。
ルーズベルト・アイランド橋は、島の交通量をできるだけ減らすため、モーターゲート駐車場に、直接アクセスできるようになっている。駐車場は1974年に完成し、1990年の終わりに拡張した。
2001年、ニューヨーク市交通局により、橋のメンテナンスの費用を減らすため、ルーズベルト・アイランド橋を固定橋にすることが考えられた。ルーズベルト島を通過する船のほとんどは、イースト川のウェスト海峡を使用するため、橋は滅多に開閉されていなかった。しかし、国際連合本部での国連総会の間、ウェスト海峡はセキュリティ上の理由で閉鎖されており、この橋は開くことが多かった。
橋の西端・wikipedia-photo、「クイーンズボロ橋が背景に見える、ルーズベルト・アイランド橋のクイーンズ側」・wikipedia-photo  (wikipedia・ルーズベルト・アイランド橋より)]

ルーズベルト・アイランド橋 – Google Map 画像リンク

カメラ位置はルーズベルト・アイランド橋の中央部付近です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*