自由の女神像

マーカーは自由の女神像です。

自由の女神像
[自由の女神像(英: Statue of Liberty、仏: Statue de la Liberté)は、アメリカ合衆国ニューヨーク港内、リバティ島にある像である。正式名称は世界を照らす自由(iberty Enlightening the World)である。
自由の女神像はアメリカ合衆国の独立100周年を記念して、独立運動を支援したフランス人の募金によって贈呈され、1886年に完成した。アメリカ合衆国の自由と民主主義の象徴であるとともに、19世紀以来絶えることなく世界各地からやってくる移民にとって新天地の象徴ともなっている。1984年にはユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録された。
本来のモデルはフランスの象徴マリアンヌで、性別は女性である。しかし、像自体の性別ははっきりとわかっているわけではない。銅製だが、緑青の為に緑色になっている。像の頭の部分までの高さは33.86メートル(111.1フィート)、台座からトーチ(たいまつ)までの高さは46.05メートル(151.1フィート)、台座の高さは47メートル(153フィート)、台座部分も含めると93メートル(305.1フィート)、総重量は225トンである。
右手には純金で形作られた炎を擁するたいまつを空高く掲げ、左手にはアメリカ合衆国の独立記念日である「1776年7月4日」とフランス革命勃発(バスティーユ襲撃)の日である「1789年7月14日」と、ローマ数字で刻印された銘板を持っている。足元には引きちぎられた鎖と足かせがあり、これを女神が踏みつけている。全ての弾圧、抑圧からの解放と、人類は皆自由で平等であることを象徴している。女神がかぶっている冠には7つの突起がある。これは、7つの大陸と7つの海に自由が広がるという意味である。
台座部分にはエレベータが設置されている。エレベータの最上階(10階)からは像の中のらせん階段を上って王冠部分の展望台に登ることができる。2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件後は安全のため、同展望台は閉鎖されていたが、2009年7月4日、独立記念日に合わせて約8年ぶりに再開された。再開後は、同展望台に入場できる人数が1時間あたり30人まで、1日240人までと制限されたほか、入場には予約が必要となった。台座部分の内部はアメリカの移民の歴史について展示する博物館になっており、エマ・ラザラス (Emma Lazarus) が書いた「新しい巨像 (The New Colossus)」という題の14行詩を浮き彫りにしたブロンズ製銘板が設置されている。たいまつは灯台とするためのものであったが、雲に反射して船舶運航の妨げになるということで中止された。また、女神像は元々灯台であったためニューヨーク港を向いている。
自由の女神像・wikipedia-photo、自由の女神像の内部・wikipedia-photo、「頭部展望台から手を振る元ファーストレディのナンシー・レーガン夫人」・wikipedia-photo、パリ万博で展示された頭部・wikipedia-photo  (wikipedia・自由の女神像 (ニューヨーク)より)]

自由の女神像 – Google Map 画像リンク

リバティ島船着き場のストリートビューです。

自由の女神像入場門前のストリートビューです。

自由の女神像・入場セキュリティチェックの行列です。

カメラ西南西方向が自由の女神像です。

カメラ北北西方向が自由の女神像です。

北東桟橋からのカメラで、カメラ南西方向が自由の女神像です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*