オリンピア(防護巡洋艦)

マーカーはオリンピア(防護巡洋艦)です。

オリンピア_(防護巡洋艦)
[オリンピア (USS Olympia, C-6/CA-15/CL-15/IX-40) は、アメリカ海軍防護巡洋艦。艦名はワシントン州オリンピアに因む。現在フィラデルフィアで博物艦船として公開される。オリンピアは1891年6月17日にカリフォルニア州サンフランシスコユニオン鉄工所で起工する。1892年11月5日にアン・B・ディッキーによって進水し、1895年2月5日に艦長ジョン・J・リード大佐の指揮下就役した。就役後オリンピアはアジア戦隊の旗艦任務に就く。米西戦争ではマニラ湾海戦を含む数々の戦闘に参加し、1899年9月に本国に帰還した。本艦上で艦隊の指揮を執ったジョージ・デューイ代将は「きみの準備ができたら撃っていいぞ、グリッドレイ艦長(チャールズ・グリッドレイ)」という有名な命令を発し、パトリコ・モントージョ将軍率いるスペイン艦隊を撃退した。デューイ提督が命令を発したとき立っていたと考えられる場所は現在艦上に記され展示されている。  (wikipedia・オリンピア_(防護巡洋艦)より)]

Cruiser Olympia and Submarine Becuna at Independence Seaport Museum – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がオリンピア(防護巡洋艦)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*