カーペンターズ・ホール

マーカーはカーペンターズ・ホールです。

カーペンターズ・ホール(Carpenters’ Hall)
[カーペンターズ・ホールは1770年に創られた。第一回大陸会議は1774年9月にジョージ3世 (イギリス王)(在位:1760年 – 1820年)に対する権利と苦情の宣言のアピール文を作成するために開催された。この会議はボストン茶会事件に関かわる重罰をマサチューセッツ州に課すイギリス議会への植民地の憤慨に同調したものである。アメリカ独立戦争中カーペンターズ・ホールは病院として、また軍隊の兵器製造所として使われた。  (「The Constitutional Walking Tour of Philadelphia」より)]

[1763年2月、フレンチ・インディアン戦争(1755年 – 1763年)が終結すると、イギリス王ジョージ3世とグレンビル内閣は、植民地アメリカへの課税(1764年・砂糖法、1765年・印紙法、1767年・タウンゼンド諸法、1773年・茶法)と支配を強化した。この本国政府による植民地圧迫策は、次第に植民地住民の本国に対する不満を鬱積させ、本国からの離反機運の醸成をもたらす。  (wikipedia・アメリカ独立宣言より)]

[第1次大陸会議(英:First Continental Congress)は、英国の北アメリカ13植民地のうち12の議会によって指名された代表56名による会議体である。1774年に開催された。ジョージア植民地だけは代表を送らなかった。ジョージアは当時最新かつ最小の植民地であり、インディアンとの抗争が燻っていたのを収めるためにイギリスの援助を求めていたので、代表を送らなかった。
背景
不評だった印紙法に対抗して植民地人によって開かれた印紙法会議と同様に、第1次大陸会議は主に「耐え難き諸法」(Intolerable Acts)に対して開かれた会議である。会議は永久通信委員会を通じて企画された。会議の場所としては、植民地の中心にあり、代表的な都市の一つであるペンシルベニア邦フィラデルフィアにあるカーペンターズホールに決められた。
会議
会議は1774年9月5日から10月26日まで開催された。ペイトン・ランドルフが進行役を務めた。ヘンリー・ミドルトンが10月22日から最後までの大陸会議議長となった。ペンシルベニアの自由の息子達指導者だったチャールズ・トムソンが書記官となった。トムソンは連合会議が解散されてアメリカ合衆国議会となるまで書記官を続けた。
会議の成果
会議では2つの重要な成果を得た。1つめは、10月20日に連帯決議を作成したことである。決議にはこの年の12月1日から英国製品をボイコットし、また輸出も止めるという植民地間の盟約(同盟規約)を盛り込んだ。西インド諸島には、イギリス商品の輸入中止に同意しなければ、商品をボイコットするという脅しを掛けることとした。ボイコットは実施され、1775年のイギリスからの輸入額は前年の3%にまで落ち込んだ。規約の実行のために監視検査委員会が各植民地に作られた。この規定はニューヨークを除いて、参加した全ての植民地議会で承認された。
「耐え難き諸法」が撤回されなければ、1775年9月10日以降、イギリスへの輸出を止めることも決められた。ボイコットは成功だったが、アメリカ独立戦争の勃発によって英国の植民地政策を変えるまでには至らなかった。
2つめの成果は、第二次大陸会議を1775年5月10日から開催するとしたことである。第一次大陸会議に代表を送った植民地に加え、ケベックプリンス・エドワード島ノヴァ・スコシアジョージア東フロリダ西フロリダに招待状が発せられた。どの地域も第二次大陸会議の冒頭に代表を送らなかったが、ジョージアだけは7月に代表を参加させた。
カーペンターズホール・wikipedia-photo  (wikipedia・大陸会議より)]

[カーペンターズホール北側(正面)の外観・wikipedia-photo、「カーペンターズ・ホール側面図」・wikipedia-photo]

Carpenters’ Hall – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がカーペンターズ・ホールです。

カーペンターズ・ホール内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*