クライスト・チャーチ

マーカーはクライスト・チャーチです。

クライスト・チャーチ
[クライスト・チャーチは、ペンシルベニア州フィラデルフィアの旧市街にある聖公会の教会です。米国で最初のプロテスタント聖公会教会として、クライスト・チャーチは、アメリカ聖公会の発祥の地である。クライスト・チャーチは英国国教会のメンバーによって1695年に設立され、現在のサイト上に小さな木造教会を建てた。聖公会会員は建造から20年たって教会を拡充することになり、彼らは、植民地の中で最も豪華な新しい教会を建てることにしました。教会の本体は1727年と1744年の間に建設され、尖塔は1754で追加されました。高さは60メートルで、当時の北米で最も高い建物でした。
クライスト・チャーチは現存する18世紀の構造物として、全米で最も美しいものの一つと考えられています。植民地時代の職人の熟練技能とジョージアン様式の建築の見事な例の記念碑になっています。設計者は不明です。教会は、ロバート·スミス(Robert Smith)によって1777年に再建され、内部は1883年にトーマス U·ウォルター(Thomas U. Walter)によって変更されました。
ウィリアム・ペン(William Penn、1644年10月14日 – 1718年7月30日)が洗礼を受けれた洗礼盤は、クライスト・チャーチでまだ使われています。
クライスト・チャーチの信徒には、アメリカ独立宣言の署名者15名が含まれていた。教会に出席したアメリカ独立戦争の指導者、ジョージ・ワシントンロバート·モリスベンジャミン・フランクリンベッツィ・ロスが含まれます。
クライスト・チャーチは聖公会の教区としての本来の機能を引き続き継承しているユニークな史跡としてアメリカ合衆国国定歴史建造物に登録され、25万人以上の観光客が毎年教会を訪問しています。]

[独立宣言署名者であるジェイムズ・ウィルソンは、1798年、マラリアの発作を患い、その後ノースカロライナ州イーデントンの友人を訪れている時に卒中で死んだ。イーデントンに近いプランテーションのジョンストン墓地に埋葬されたが、1906年にフィラデルフィアにあるクライストチャーチ墓地に移葬された。  (wikipedia・ジェイムズ・ウィルソン_(独立宣言署名者)より)]

Christ Church – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がクライスト・チャーチです。

カメラ南方向がクライスト・チャーチです。

クライスト・チャーチ身廊のカメラです。

クライスト・チャーチ祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*