バーンズ・コレクション

マーカーはバーンズ・コレクションです。

バーンズ・コレクション
[バーンズ・コレクションは、現在はフィラデルフィアの中心部に近い財団の「施設」に展示され、公開されています。施設の正式名は「The Barnes Foundation Philadelphia Campus」のようですが、以降、この「施設」も、その中の「展示作品」も区別せずに「バーンズ・コレクション」と表記します。
バーンズ・コレクションは基本的に予約が必要です。人数に余裕がある時は予約なしでも入場できるようなのですが、日本から行って入場できない(ないしは数時間後に来てくれと言われる)のはまずいので、必ず予約してから行きましょう。予約は日本からもウェブサイトで可能です。何月何日の何時ということを指定して予約します。
バーンズ・コレクションのポイントの一つは「完全な日本語音声ガイド」があるということです。「完全な」という意味は『音声ガイドが設定されている作品すべてに日本語のガイドがある』という意味です。  (「No.95 – バーンズ・コレクション:クラバートの樹:So-netブログ」より)]

[バーンズ・コレクション(The Barnes Foundation)は、フィラデルフィア郊外メリオンにある美術財団である。コレクターであり美術研究者であったアルバート・C.バーンズが収集したフランス近代絵画2500点以上を擁する個人コレクションが所蔵されており、美術館としても名高い。陳列室のみフィラデルフィア中心地への移転が決まっており、2012年5月19日に開館することがアナウンスされている。
アルバート・C・バーンズは1910年より本格的に美術品の収集を開始した。1922年には自身のコレクションを管理・教育的目的のため財団を設立し、ペンシルバニア大学と提携して教育プログラムを実施した。バーンズはルノワールマティスに関する研究書や理論書を何冊も著わしており、単なるコレクターではなく研究者であったと言える。当時アメリカでは印象派の作品は低く評価されており、バーンズは自身のコレクションを批判され、以後その観覧を教育目的以外では非公開とした。バーンズは他の研究者や批評家と軋轢が絶えなかった事でも知られ、エルヴィン・パノフスキー、メイヤー・シャピロ、T・S・エリオットル・コルビュジエなどはコレクション観覧を断られている。画家のアンリ・マティスとは良好な関係を築き、1930年にはマティスによる中央ギャラリーの壁画《ダンス》が完成した。
バーンズの死後もそのコレクションは非公開、非複製、売却禁止といった遺言によって長らく門外不出であったが、展示室の全面改修の基金集めの目的で、ワシントンナショナル・ギャラリーパリオルセー美術館、1994年には東京国立西洋美術館にその一部が貸出された。
2002年9月、バーンズ財団理事会より、それまでメリオンにあった財団をもっとアクセスのよいフィラデルフィア中心部へ移転したいと、モンゴメリー郡裁判所に運営規則を変更する許可が申請された。財団の財政難がその理由であった。2年後の2004年に移転の許可が下りたが、これは創立者のアルバート・C・バーンズの遺志を無視することになるとして、反対運動も起こった。しかし2012年5月にベンジャミン・フランクリン・パークウェイにオープンすることが決まっており、メリオンには樹木園と資料室が残されることになる。
フランス近代絵画の中にはルノアール181点、セザンヌ69点、マティス60点、パブロ・ピカソ46点、スーティン21点、ルソー18点、モディリアニ16点、ドガ11点、ゴッホ7点、スーラ6点、マネ4点、クロード・モネ4点が含まれる。
その他エル・グレコゴヤの作品、エジプト美術なども所蔵している。
コレクションはアルバート・C・バーンズの私邸だった館に展示されているが、その展示方法は他に類を見ないものである。作品は作者別や年代別ではなく、展示されている家具やその他の美術品・装飾品と共に色彩、構成、形、バランスを考慮し、バーンズの独特の美学に基づいて展示されている。公開日は季節により変わるが金、土、日の週三回のみで、事前予約がないと入れなかった。2012年の移転後も入館は予約制である。  (wikipedia・バーンズ・コレクションより)]

バーンズ・コレクションホームページ

Barnes Foundation – Google Map 画像リンク

バーンズ・コレクションのストリートビューで、カメラ南西方向がバーンズ・コレクション進入路です。

バーンズ・コレクション前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*