B. フリー・フランクリン郵便局と博物館、フランクリン・コート

マーカーはB. フリー・フランクリン郵便局です。

B. フリー・フランクリン郵便局と博物館
[B. フリー・フランクリン郵便局と博物館は、アメリカ合衆国郵便公社により運営される唯一の植民地郵便局であり、それは過去のアメリカ合衆国の植民地時代のライフスタイルの生き写しでもある。またベンジャミン・フランクリンが郵政大臣に任命された1775年にはまだ国旗がなかったのでこの郵便局は国旗を翻さないアメリカで唯一の実働郵便局でもある。“B. Free Franklin”の消印は未だに使用されている。 二階の博物館は、郵便の歴史と記念物の展示を特徴としている。 (「The Constitutional Walking Tour of Philadelphia」より)]
 
フランクリン・コート
[アメリカ建国の父のうちの一人であるベンジャミン・フランクリンは84年の人生を人一倍秀でた著者、外交官、発明家、慈善家、政治専門家、印刷屋、政治家、科学者として過ごした。フランクリンの家は、以前フランクリン・コートに建っていたが1812年に壊された。今日の「ゴースト・ハウス」はロバートのベンチュリが設計し、フランクリンの家の構造を模して建てられたものである。フランクリン・コートの地下にはフランクリンの絵画、創作物や発明品などが満載の博物館があり、同館では映画「ベン・フランクリンの実体」を常時上映している。 (「The Constitutional Walking Tour of Philadelphia」より)]

Franklin Court Printing Office – Google Map 画像リンク」「Fragments of Franklin Court – Google Map 画像リンク
 
カメラ南方向がB. フリー・フランクリン郵便局で、中央開口がB. フリー・フランクリン博物館及びフランクリン・コートへの通路です。

B. フリー・フランクリン博物館及びフランクリン・コートへのストリートビューです。

カメラ位置はフランクリン・コートで、カメラ西方向がB. フリー・フランクリン博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*