プリーズタッチ博物館

マーカーはプリーズタッチ博物館です。

プリーズタッチ博物館
[プリーズタッチ博物館はその名の通り全ての展示に触れることができる博物館です。通常博物館というとただただ展示を見てまわるというものですが、これでは子供にとっては少し退屈なこともあります。しかし、触れて遊べるとなると話は別で、きっと大はしゃぎで楽しめること間違い無しです。
プリーズタッチ博物館があるのは万国博覧会の時に建設されたフェアモントパーク内のメモリアルホールです。そしてそこには1908年製のクラシカルなメリーゴーランドが修復されて設置されています。この雰囲気のあるアトラクションは子供たちにとても人気です。  (「子供と一緒の旅行ならプリーズタッチ博物館 | アメリカレンタカー 」より)]

[ロッキーステップの後は,プリーズタッチ博物館(Please Touch Museum)に向かった。この博物館はペンシルバニア大学に留学していた知人に薦められていた。フィラデルフィア美術館の裏からバスが出ているのだが,どのバスかよくわからなかったので,近くにいたバス関係とおもわれるおばさんに聞くと,「子ども向けの博物館なんだけど,いいの?」と聞かれた。
「子ども向け」と聞いて,むしろ私たちは期待が高まった(^^;)。ぜひ,米国の子ども向け博物館が見てみたいと思ったのだ。
プリーズタッチ博物館の外観。欧米のこの手の建物は外観がとにかく立派である。
プリーズタッチ博物館は,体験型博物館で,水遊び,お仕事ごっことか,子どもの遊び博物館という感じで面白かった。  (「北米旅行記(20)プリーズタッチ博物館(フィラデルフィア観光 …」より)]

触ってください博物館 – Google Map 画像リンク」「メモリアルホール – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がプリーズタッチ博物館です。

プリーズタッチ博物館外周のストリートビューです。

プリーズタッチ博物館ホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*