国立憲法センター

マーカーは国立憲法センターです。

国立憲法センター(National Constitution Center)
[国立憲法センターは、アメリカ独立戦争アメリカ合衆国憲法の制定に関わった人物の資料を展示するために、アメリカ憲法発祥の地であるフィラデルフィアに建設された。起工式は、元の憲法が署名された1788年から213年後、2000年9月17日に開催され、2003年7月4日オープンした。
国立憲法センターの外観・wikipedia-photo、国立憲法センターのロビーに表示されるフラグ・wikipedia-photo、”シグナーズ・ホール(署名者ホール)”のジョージ·ワシントン像 ・wikipedia-photo]

[ナショナル・コンシチューション・センターはフィラデルフィアのインデペンデンス・モールにあり、これはアメリカの憲法の成り立ちをドラマチックに伝える世界で最初の博物館である。ここでは100点以上もの相互的マルチメデイアの展示物、フイルム、写真、文書、彫刻や美術品などを通してアメリカ独立戦争期から現代に至るまでの米憲法の歴史を伝えている。ベンジャミン・フランクリンジョージ・ワシントンの実物代の銅像があるシグナーズ・ホールは是非忘れずに歩いて頂きたい。憲法の歴史的な内容とまたそれが今日の私達の生活に影響を与える事を実現させたフリードム・ライジングも見てほしい。また大統領宣誓の間に入り歴代の大統領の中で一番好きな大統領に投票をしてみるのも良い。 (「The Constitutional Walking Tour of Philadelphia」より)]

国立憲法センター – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が国立憲法センターです。

国立憲法センター・エントランスホールのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*