アメリカ独立記念館

マーカーはアメリカ独立記念館です。

アメリカ独立記念館

グーグル・アート・プロジェクト – World Wonders – 「独立記念館

[独立記念館(Independence Hall)は、ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるアメリカ独立宣言が行われた建物。1979年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録される。1749年に、ペンシルベニア州の議事堂として建設された。1776年7月4日に、イギリス植民地下にあった13州の代表者が、この建物の広間に集り、トーマス・ジェファーソンが起草したアメリカ独立宣言が署名され、この時以来、独立記念館と呼ばれるようになった。1787年には、アメリカ合衆国憲法が制定された場所でもある。1790年~1800年にフィラデルフィアがアメリカの首都となると、アメリカ合衆国議会議事堂として使用される。議員数が少なかった「元老院」が二階を、多かった「代議院」が一階を議場として使用したことが「上院」と「下院」という語の語源となった。 (wikipedia・独立記念館_(アメリカ)より)]

[1763年2月、フレンチ・インディアン戦争(1755年 – 1763年)が終結すると、イギリス王ジョージ3世(在位:1760年 – 1820年)とグレンビル内閣は、植民地アメリカへの課税と支配を強化した。この本国政府による植民地圧迫策は、次第に植民地住民の本国に対する不満を鬱積させ、本国からの離反機運の醸成をもたらす。
それぞれに独自の発展を進めていた13植民地は、1772年11月、連絡組織として通信連絡委員会を発足させる。この委員会は、1774年9月、第1回大陸会議ジョージア植民地を除く12の植民地代表の集会)に発展し、本国政府との和解策を練った。1775年4月、レキシントン・コンコードの戦いで、イギリス軍と植民地民兵隊の間に銃火が交えられ、独立戦争の火蓋が切られた。翌5月、第2回大陸会議が開かれ(全13植民地代表がそろう)、ここ武力衝突に至っても本国政府との和解の道を探っていた。しかし、情勢は日増しに悪化し、翌1776年1月、独立論を訴えるトマス・ペインの著書『コモン・センス』が刊行されてベストセラーになると、住民の間でも植民地代表者の間でも、独立論は最高潮に達した。
同年6月7日、バージニア植民地代表のリチャード・ヘンリー・リーは大陸会議に『独立の決議』を提案し、これに基づいて同月10日、独立宣言起草委員会が発足した。この委員会は、トーマス・ジェファーソンジョン・アダムズベンジャミン・フランクリンロジャー・シャーマンロバート・R・リビングストンの5人で構成されたが、ジェファーソンが宣言案を起案(起草)し、フランクリンとアダムズがわずかに修正して委員会案とされた。委員会案は大陸会議に提出されて、さらに多少の推敲がなされた。そして、1776年7月2日、リチャード・ヘンリー・リーの『独立の決議』がまず可決され、『アメリカ独立宣言』は7月4日に採択された。
「独立宣言への署名」(ジョン・トランブル画)この絵は、2ドル紙幣の裏面図版に使用されている。・wikipedia-photo  (wikipedia・アメリカ独立宣言より)]

Independence Hall – Google Map 画像リンク」「Independence Hall – Google Map 画像リンク」

カメラ南南西方向がアメリカ独立記念館です。

アメリカ独立記念館前に立つワシントン像です。

アメリカ独立記念館南側のカメラです。

アメリカ独立記念館大陸会議上院議場のカメラです。

アメリカ独立記念館大陸会議下院議場のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*