第二合衆国銀行

マーカーは第二合衆国銀行です。

第二合衆国銀行
[アメリカ第二銀行の建物は1824年に完成した。これはギリシアパルテノン神殿をモデルとしたギリシア復興建築の最も素晴らしい物の一例である。第二銀行はフィラデルフィアの公共建築をデザインした事で「都市建設技師」として知られていたウイリアム・ストリックランドにより設計された。第二銀行は1816年に創業し、1832年まで世界で最も有力な金融機関の一つであった。今日この建物は18世紀後期のコレクションと19世紀初期の肖像画を収容している。(「The Constitutional Walking Tour of Philadelphia」より)]

[第二アメリカ合衆国銀行(英:Second Bank of the United States)は、1817年1月にアメリカ合衆国議会によって公認されたアメリカ合衆国の銀行である。その公認期間は20年間だった。第一アメリカ合衆国銀行が公認失効となってから6年後のことだった。本部は第一アメリカ合衆国銀行と同じくフィラデルフィアのカーペンターズ・ホールにあり、国中に支店があった。第二アメリカ合衆国銀行は1811年に第一アメリカ合衆国銀行公認延長を拒んだのと同じ多くの連邦議会議員によって公認された。第二アメリカ合衆国銀行が公認された最も大きな理由は米英戦争の間にアメリカが厳しいインフレを経験し軍事行動の財政的手当が難しくなったことだった。その結果、アメリカ合衆国の信用度や借入金の状況が建国以来最低のレベルになっていた。第二アメリカ合衆国銀行の公認期間は20年間であり、それ故に1836年に更新の必要があった。この銀行は如何なる意味においても国有銀行ではなく、民間が保有する銀行会社だった。ただし、アメリカ合衆国連邦政府が少なからぬ利益を生ませるという特別の関係があった。連邦政府の歳入の保管場所という役割によって、第二アメリカ合衆国銀行と中央政府の関係に反対し嫉妬する各州公認銀行の政治的標的になった。アンドリュー・ジャクソン大統領は公認の更新について強く反対し、1832年アメリカ合衆国大統領選挙の綱領では第二アメリカ合衆国銀行を無くすことで作られていた。ジャクソンの政治的標的は財政家、政治家でアメリカ合衆国銀行総裁であるニコラス・ビドルだった。銀行業務に対する一般的な敵意と正金(金または銀)こそが真の金(かね)であるという信念とは別に、ジャクソンが公認更新に反対する理由は単一の銀行に権限や責任を与えることがインフレや悪徳と考えられるものの原因になるというジャクソンの信条を元にしていた。第二アメリカ合衆国銀行がインフレ率を上げたと考えられる証拠はほとんど見あたらない。1832年以降のインフレを加速させたのは、海外の金融政策、投資および戦時の負債と苦情の解決の結果として外貨流入によることを示唆する証拠がある。1833年9月、ジャクソン大統領は第二アメリカ合衆国銀行に政府の資金を預託することを終わらせる執行命令を発した。
第二アメリカ合衆国銀行・wikipedia-photo  (wikipedia・第二合衆国銀行より)]

第二合衆国銀行 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向が第二合衆国銀行です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*