自由の鐘

マーカーは自由の鐘です。

自由の鐘
[自由の鐘は現在インデペンデンス・ホールと呼ばれるペンシルバニアの州会議堂の公式な鐘として公式事項の発表時に数回鳴らされたことがある。1776年7月8日には独立宣言を初めて発表する際にこの鐘を鳴らしたらしい。重さ約2000ポンドの自由の鐘は1846年に起きたひび割れ故に以降使われなくなった。鐘には「国土全域の全ての住民に対し自由を公布する」(聖書10章レビ記25節)と刻まれている。新しいリバテイー・ベル・センターは世界的に有名な自由の象徴としての鐘に関する歴史を中心に展示している。  (「The Constitutional Walking Tour of Philadelphia」より)]

[自由の鐘(英語:Liberty Bell)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアにあり、合衆国の歴史に大きな意義を持つ鐘の名称。英語の名称そのままのリバティ・ベルと表記されることもある。恐らく自由の鐘はアメリカの独立、並びにアメリカ独立戦争を連想する上で、最も突出したシンボルの一つである。また、独立、奴隷制の廃止、合衆国内の国民性と自由において最も親しみのある象徴の一つであり、国際的な自由の偶像としても用いられてきた。
最も著名な1776年7月8日のその鳴り響く音は、フィラデルフィアの市民をアメリカ独立宣言の朗読へと招集させた。それ以前に、自由の鐘は1774年に行われた大陸会議の開催を、その後は1775年に勃発したレキシントン・コンコードの戦いの始まりを知らせるために鳴らされていた。自由の鐘は奴隷廃止主義運動の象徴として、アメリカ奴隷制反対協会が正式に認可される1837年まで、「Old State House bell(アメリカ植民地議会議事堂の鐘)」として知られていた。
自由の鐘・wikipedia-photo、「自由の鐘、近影。ジョン・パスとジョン・ストウ両名、都市の名前・日付、そして銘文が刻まれている。彫られている「Pensylvania(ペンシルベニア)」は「Pennsylvania」とnが2つあるのが正しいが、当時は異なるつづりも容認されていた。」・wikipedia-photo  (wikipedia・自由の鐘より)]

自由の鐘 – Google Map 画像リンク」「自由の鐘 – Google Map 画像リンク」

カメラ東方向が自由の鐘への入口です。

自由の鐘前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*