オールドサウス集会場

マーカーはオールドサウス集会場です。

オールドサウス集会場(Old South Meeting House)
[ボストンでは旧マサチューセッツ州会議事堂に続く2番目に古い建物で、1729年、ピューリタンの礼拝堂として建築された。ボストン茶会事件(ボストン・ティー・パーティー・シップ博物館)を引き起こした、植民地指導者サミュエル・アダムズジェイムズ・オーティスジョン・ハンコックらを中心に、白熱した議論が交わされた場所として有名だ。独立戦争の際、大きな被害を受けたものの、1783年3月、礼拝の場として修復された。約100年後、町の再開発プロジェクトで、取り壊し予定地区に含まれたが、ウェンデル・フィリップラルフ・ワルド・エマーソンなどの尽力により、取り壊しを免れている。現在の建物は修復されているものの、内部の木造でできた部分(ドアと窓は除く)は当時からのもの。箱型のイスの木材は残念ながら新しい。  (「地球の歩き方」より]

[1968年のオールドサウス集会場・wikipedia-photo、2010年のオールドサウス集会場のインテリア・wikipedia-photo]

オールドサウス集会場 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がオールドサウス集会場です。

オールドサウス集会場内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*