キングス・チャペル

マーカーはキングス・チャペルです。

キングス・チャペル
[キングス・チャペル(King’s Chapel)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市に立地するユニテリアン派の教会堂。同市最初の聖公会の教会堂である。トレモント通り(Tremont Street)とスクール通り(School Street)の角に位置する。キングス・チャペルは1688年に建てられた。当時は木造であった。住民が清教徒の教会以外には土地を売らなかったため、教会は公営墓地の中に立てられた。1749年から1754年まで5年の歳月をかけて教会堂が建てかえられ、現在の石造の建物になった。教会の鐘はイギリスから持ちこんだもので、1772年に取りつけられた。1814年に一度壊れてしまうが、ポール・リビアによって修復され、付け直された。以後、礼拝のときには必ずこの鐘が鳴らされている。アメリカ独立戦争中、この教会堂は閉鎖されていたため「石の礼拝堂」(Stone Chapel)と呼ばれた。独立戦争後の1782年、この教会は祈祷書の改訂者であるジェームス・フリーマン(James Freeman)のもと、ユニテリアン派の教会として再開された。その当時フリーマンはまだこのキングス・チャペルを監督派の教会にしようとしていたが、聖公会はフリーマンの叙任を拒んだ。そうした経緯から、この教会においては現在でも聖公会とユニテリアン派のハイブリッド的な教義が採られている。同教会の墓地には歴史上の重要人物が数多く埋葬されている。教会・墓地ともにフリーダムトレイルに沿った名所となっており、ボストンへの観光客が数多く訪れる。
「キングス・チャペル」・wikipedia-photo  (wikipedia・キングス・チャペルより)]

King’s Chapel – Google Map 画像リンク」「キングス・チャペル墓地 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がキングス・チャペルです。

キングス・チャペル内のカメラです。

カメラ位置はキングス・チャペル北側の墓地です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*