グラナリー墓地(Granary Burying Ground)

マーカーはグラナリー墓地(Granary Burying Ground)です。

グラナリー墓地(Granary Burying Ground)
[アメリカの自由と独立のために戦った愛国者たちが埋葬されている墓地。この地に眠るヒーローたちは、コモンウェルス(マサチューセッツ州)の初代知事となったジョン・ハンコックJohn Hancock(任期:1780年10月25日 – 1785年1月29日、1787年5月30日 – 1793年10月8日)、イギリス軍の攻撃から植民地軍を危機一髪のところで救ったポール・リビアPaul Revere、アメリカ独立戦争( 1775年4月19日 – 1783年9月3日)のリーダー的存在のジェームス・オーティスJames Otisやサミュエル・アダムスSumuel Adams、ボストン虐殺事件(1770年3月5日)の犠牲者とその事件の弁護人として名をはせたロバート・トリート・ペインなど。墓石に刻まれた名前を読みながら感慨にふけるアメリカ人の姿が目につく場所でもある。  (「ボストン 観光スポットガイド | 地球の歩き方」より)]

グラナリー墓地 – Google Map 画像リンク

グラナリー墓地(Granary Burying Ground)のストリートビューです。

グラナリー墓地(Granary Burying Ground)のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*