ジョン・F・ケネディの生家

マーカーはジョン・F・ケネディの生家です。

ジョン・F・ケネディの生家
[1917年5月29日にマサチューセッツ州ブルックラインで、アイルランド系移民で実業家のジョセフ・P・ケネディ・シニア、ローズ・フィッツジェラルド・ケネディ夫妻の次男として生まれた。名前は母方の祖父でアイルランド系アメリカ人の有力者であり、ボストン市長と下院議員を務めたジョン・F・フィッツジェラルドにちなんでいる。
ケネディは10歳までブルックラインで暮らしたが、体が弱い子だった。生まれつき背骨に障害があり、怪我をしやすく、しばしば激しい苦痛に襲われた[1]。 三歳の時に猩紅熱(しょうこうねつ)にかかった際には、母ローズが教会に通ってその回復を祈るほどであった。ケネディはエドワード・デボーション・スクール (Edward Devotion School) の幼稚舎から小学校へあがり、デクスター・スクール (Dexter School) へ転校し、父の引越しに伴ってニューヨークのリバーデール・カントリー・スクール (Riverdale Country School) に転校した。
ジョン・F・ケネディ
ジョン・フィッツジェラルド・”ジャック”・ケネディ(英語: John Fitzgerald “Jack” Kennedy、1917年5月29日 – 1963年11月22日)は、アメリカ合衆国の政治家。下院議員上院議員、第35代アメリカ合衆国大統領を歴任。
父ジョセフ・P・ケネディ・シニアは政界入りさせるつもりだった長男「ジョー・ジュニア」」(ジョセフ・P・ケネディ・ジュニア)が戦争中に不慮の死を遂げたため、次男の「ジャック」ことジョンを政界に送り込もうと決めた。そこでケネディはマサチューセッツ州選出下院議員に民主党候補として立候補して当選し、1947年から1953年まで下院議員をつとめた。次に上院議員選挙にも当選し、1953年から1960年まで在職した。1960年アメリカ合衆国大統領選挙に打って出たジャックは民主党指名候補として、対立候補だった共和党のリチャード・ニクソンを非常な僅差で破り、大統領に当選した。彼は大統領就任時43歳、合衆国の歴史上、選挙で選ばれた大統領としては最も若い大統領であった(副大統領からの昇格を含めればセオドア・ルーズベルトに次いで二番目になる)。
ケネディは20世紀生まれの最初の大統領であり、カトリック教徒として初の(現在までで唯一の)大統領であり、アイルランド系アメリカ人としても最初の大統領となった。さらに(著作『勇気ある人々』で)ピューリツァー賞を受賞した唯一の大統領である。ケネディの在任中、ピッグス湾事件キューバ危機ベルリンの壁の建設、米ソの宇宙開発競争公民権運動の高まり、ベトナム戦争早期撤退計画の発表など多くの歴史的事件が発生しているが、特にキューバ危機の対応においては「第三次世界大戦」「米ソ全面核戦争」の危機を回避したと評価される。
ケネディは1963年11月22日、テキサス州ダラスで遊説中に暗殺された。犯人として捕らえられたリー・ハーヴェイ・オズワルドは、わずか二日後にジャック・ルビーによって銃殺された。FBIウォーレン委員会、下院暗殺特別委員会(HSCA、House Select Committee on Assassinations)のいずれもオズワルドが犯人であるという結論を出している。(HSCAのみが単独犯でなく共犯者のいる可能性を否定できないとしているが、特定の団体がかかわっているとはいえないと結論づけている。)数々の謎と共に、ケネディ大統領暗殺は歴史に残る事件となったが、若かったケネディは就任時からアメリカ国民に期待され、現在に至るまでアメリカ人の好きな大統領ランキングの上位に上がり続けている。  (wikipedia・ジョン・F・ケネディより)]

John F. Kennedy Birthplace – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がジョン・F・ケネディの生家です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*